夏帆と妻夫木聡が極限の濃密ラブシーンに挑む!映画『Red』来年2月公開

2019年8月21日 14:05

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

夏帆と妻夫木聡共演で、直木賞作家の島本理生が初めて官能の世界に挑んだ「Red」が『Red』として映画化されることがわかった。写真:(C) 2020『Red』製作委員会 

夏帆と妻夫木聡共演で、直木賞作家の島本理生が初めて官能の世界に挑んだ「Red」が『Red』として映画化されることがわかった。写真:(C) 2020『Red』製作委員会 [写真拡大]

写真の拡大

 夏帆と妻夫木聡共演で、直木賞作家の島本理生が初めて官能の世界に挑んだ「Red」が『Red』として映画化されることがわかった。2020年2月に新宿バルト9ほかにて全国公開となる。

 ・[動画]夏帆が荒みきったCMディレクターを体当たりで演じる/映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』予告編

 平凡な結婚、可愛い娘、“何も問題のない生活”を過ごしていたはずだった村主塔子は、10年ぶりに昔の恋人・鞍田秋彦に再会をする。「君は、変わってないな」と鞍田は、塔子の気づかなかった心の隙間に悪魔のように入り込んでくる。そして運命は予想もしない方向へと走り出す。

 夏帆が演じるのは、主人公の村主塔子役。本作では、鞍田の危険な求愛に心を激しく揺り動かされる女性を、繊細かつ大胆に演じ、新境地を切り開く。夏帆は長いキャリアの中で、ここまで濃密な恋愛映画の出演は初めてで、「塔子は自分にとって、とても挑戦した役で、見てくださる方がどういう風に捉えるのか、今からドキドキしています」とコメント。

 妻夫木が、近づいてはいけない危うい魅力をまとう昔の恋人・鞍田秋彦役に扮する。本作では、40歳目前にして、今まで見せたことのない“悪い男”の色気を全身から漂わせることに挑戦。本作について「撮影中は、この映画自体に恋愛しているような感覚で、夏帆さんと一緒に作り上げていきました。『Red』は、理屈じゃない、人間の本能的な部分に問いかけてくるようなお話だと思います」と話している。

 メガホンをとったのは、2017年『幼な子われらに生まれ』で家族の心の機微と心理を鋭く描き出し、第41回モントリオール世界映画祭コンペティション部門審査員特別大賞など数々の賞を受賞した三島有紀子監督。本作では、“男と女”に焦点を定め、心と体の繋がりを通して、1人の女の生き方を見つめている。

 関東近郊と新潟でのロケを行い、すでに撮影を終了。完成は8月末を予定している。

【関連記事】

 [動画]夏帆「撮影はつらくてしょうがなかった (泣)」/ドラマ『東京ヴァンパイアホテル』 インタビュー
夏帆、26歳を目前に脱清純派への思いを直撃!
[動画]妻夫木聡と北川景子が現場でイチャイチャ!? 監督も入り込めず?
[動画]妻夫木聡、満島ひかり出演/映画『愚行録』予告編

関連キーワード妻夫木聡夏帆

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • (画像: ブルーパドルの発表資料より)
  • 東急プラザ渋谷のイメージ(東急不動産発表資料より)
  • MINIの生誕60周年記念特別仕様車「MINI 60 YEARS EDITION」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 惑星探査機カッシーニからみた土星 (c) NASA
  • 広島駅ビルの外観イメージ(JR西日本発表資料より)
  • スマート・EQ Fortwo(画像: ダイムラーの発表資料より)
  • (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース