涙腺崩壊必至!『アベンジャーズ/エンドゲーム』悲劇のラストシーン直後の未公開シーン

2019年8月16日 15:50

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

全世界興行収入で『アバター』(09年)を抜き歴代1位に躍り出るなど、世界中で空前の大ヒットとなった『アベンジャーズ/エンドゲーム』。写真:(C) 2019 MARVEL

全世界興行収入で『アバター』(09年)を抜き歴代1位に躍り出るなど、世界中で空前の大ヒットとなった『アベンジャーズ/エンドゲーム』。写真:(C) 2019 MARVEL[写真拡大]

写真の拡大

 全世界興行収入で『アバター』(09年)を抜き歴代1位に躍り出るなど、世界中で空前の大ヒットとなった『アベンジャーズ/エンドゲーム』。この映画のMovieNEXが9月4日にリリースされるのを前に、MovieNEXに収録されるボーナス映像の中から、涙なしには見ることができない、あの悲劇のラストシーンの直後を描いた未公開シーンの一部が解禁となった。

 ・[動画]解禁となった『アベンジャーズ/エンドゲーム』悲劇のラストシーン直後の未公開シーン

 解禁となった映像は、アイアンマンへの敬意を表すヒーローたちの姿を収めた、涙腺崩壊必至の貴重な未公開シーンだ。映画本編では、アイアンマンが力尽きて目を閉じ、アイアンマンことトニー・スタークの妻ペッパー・ポッツが最期のキスをするところまでが映し出されているが、この映像では、その後のヒーローたちの姿を見ることができる。

 サノスからインフィニティ・ガントレットを奪い、自らを犠牲に世界を救ったアイアンマンの死を目の当たりにし、ショックと悲しみに打ちひしがれるアベンジャーズたちは、それぞれの思いを胸に、片膝をついてアイアンマンへの敬意を表す。ホークアイをはじめ、キャプテン・マーベルや今にも泣き崩れそうなキャプテン・アメリカが映し出される中、この悲しい結末を知っていたドクター・ストレンジの表情はあまりにも切なく、涙なしでは見られない。

 さらに、この映像にはヒーローたちの様子を見ながら、どこかへ立ち去っていくガモーラの姿が映されている。つまり、トニー・スタークが指を鳴らしたことでサノス軍は消滅したが、サノスの義理の娘ガモーラは生きていることが確認できるのだ。この後、はたしてガモーラはガーディアンズ・オブ・ギャラクシーに戻るのか? 今後のMCUシリーズにも期待が膨らむ描写となっている。

 この悲劇のラストシーンはもちろん、全編に渡って監督や脚本家たちが本作やMCUについて語っている「音声解説」が見られるのはMovieNEXだけ。初回限定のボーナス・ディスクには、今回解禁した映像のほかにも、「スタン・リーの功績」をはじめ、製作の舞台裏や未公開シーン、ファン必見の貴重映像が多数収録されている(デジタル配信(購入)にも一部収録)。

 『アベンジャーズ/エンドゲーム』は先行デジタル配信中。9月4日にMovieNEXが発売となる。

【関連記事】

 [動画]映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』冒頭8分のプレビュー映像
[動画]ソーが、アイアンマンが、キャプテン・アメリカが…! 名場面を60秒に圧縮/映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』特別映像
[動画]女性ヒーロー勢揃いシーン/映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』本編クリップ映像
[動画]あの大迫力シーンはこうして撮影されていた/映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』ボーナス訴求予告編

関連キーワードドクター・ストレンジキャプテン・マーベルアベンジャーズ/エンドゲーム

広告

広告

写真で見るニュース

  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース