城南進学研究社 1Qは売上高が5.8%増、教育事業及びスポーツ事業ともに増収

2019年8月14日 15:30

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:30JST 城南進学研究社---1Qは売上高が5.8%増、教育事業及びスポーツ事業ともに増収
城南進学研究社<4720>は9日、2020年3月期第1四半期(19年4-6月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比5.8%増の14.50億円、営業損失が4.07億円(前年同期は3.39億円の損失)、経常損失が4.03億円(同3.32億円の損失)、親会社株主に帰属する四半期純損失が3.71億円(同2.86億円の損失)となった。

教育事業の売上高は前年同期比5.8%増の13.60億円となった。事業ポートフォリオの改善に向け、予備校の統廃合を行ったことにより、予備校部門の売上は減少している。予備校に代わる新たな形態として、プロ講師による個別指導とAIによる個別学習とを提供する「城南予備校DUO」を前事業年度より複数開校して7校舎となり、新たな事業の柱として成長している。
映像授業専門教室「河合塾マナビス」は予備校運営で培ったノウハウを活かした指導を行うことで高い評価を得ており、新たに2校開校し全24校舎となった。映像授業の市場拡大とともに、安定した売り上げが続いている。
児童教育部門は、前連結会計年度末に子会社化したくぼた式育脳法を独自に展開する株式会社リトルランドと、乳幼児育脳教室「くぼたのうけん」の事業統合に向けた取り込みを進めている。また、「くぼたのうけん」の教育ノウハウを外部の幼稚園、保育園等に販売する事業も好調に推移している。さらに、保育園は、城南ルミナ保育園と子会社であるJBSナーサリー、フェアリィーが連携し、保育施設の新規開園や人的交流やノウハウの共有を図った。

スポーツ事業の売上高は前年同期比4.8%増の0.89億円となった。子会社である「株式会社久ケ原スポーツクラブ」では、ほぼ定員いっぱいの会員数を維持したことに加え、新規に開
始した学童保育でも好調な集客となっている。

2020年3月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比7.5%増の74.59億円、営業利益が0.19億円、経常利益が0.34億円、親会社株主に帰属する当期純損失が0.90億円とする期初計画を据え置いている。《SF》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ジャガー・I-PACE(画像: ジャガー・ランドローバーの発表資料より)
  • マツダCX-5「TOUGH-SPORT STYLE」アクセサリーパッケージ装着車(画像:マツダ発表資料より)
  • SKYLINE 400R SPRINT CONCEPT(写真:日産自動車の発表資料より)
  • イチョウ並木育成イメージ(画像: グンゼの発表資料より)
  • 軽の元祖とも云うべきキャロルにもツートーンカラーの設定があった ©sawahajime
  • 700系新幹線 (c) 123rf
  • 土星の近くを通るパイオニア11号のイメージ図。(c) NASA Ames
  • 原始惑星系円盤内でガスが滝のように流れる様子の想像図 (c) NRAO / AUI / NSF, S. Dagnello.
 

広告

ピックアップ 注目ニュース