東京為替:ドル・円は一段安、米ダウ先物はマイナス圏

2019年8月14日 10:07

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:07JST 東京為替:ドル・円は一段安、米ダウ先物はマイナス圏
14日午前の東京市場でドル・円は一段安となり、一時106円38銭まで弱含んだ。日経平均株価の上げ幅縮小で、リスク選好的な円売りは弱まりつつある。また、前日のNY株式市場は大幅高となったが、時間外取引の米ダウ先物はマイナス圏で推移しており今晩の株安観測がドル買いを抑制したようだ。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円38銭から106円75銭、ユーロ・円は118円91銭から119円27銭、ユーロ・ドルは1.1170ドルから1.1177ドルで推移した。《FA》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース