横浜流星と飯豊まりえは正反対!?

2019年8月13日 12:28

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

映画『いなくなれ、群青』の完成披露舞台挨拶が8月12日に新宿バルト9で行われ、横浜流星、飯豊まりえ、矢作穂香、松岡広大、松本妃代、中村里帆、黒羽麻璃央、柳明菜監督、音楽を担当した神前暁が登壇した。写真:横浜流星

映画『いなくなれ、群青』の完成披露舞台挨拶が8月12日に新宿バルト9で行われ、横浜流星、飯豊まりえ、矢作穂香、松岡広大、松本妃代、中村里帆、黒羽麻璃央、柳明菜監督、音楽を担当した神前暁が登壇した。写真:横浜流星[写真拡大]

写真の拡大

 映画『いなくなれ、群青』の完成披露舞台挨拶が8月12日に新宿バルト9で行われ、横浜流星、飯豊まりえ、矢作穂香、松岡広大、松本妃代、中村里帆、黒羽麻璃央、柳明菜監督、音楽を担当した神前暁が登壇した。

 ・『いなくなれ、群青』完成披露舞台挨拶、その他の写真

 シリーズ累計100万部を突破した河野裕の青春ファンタジー小説を、新鋭・柳明菜監督が映画化。捨てられた人たちが集まる島・階段島にやってきた七草(横浜)と真辺(飯豊)が、島に隠された謎を解き明かそうとする姿を描く。

 横浜演じる七草は悲観主義者、飯豊扮する真辺は理想主義者という設定。横浜は「どちらの要素も持っていますが、自分と近いのは七草かな」と語ると「七草のように自分も感情を抑え込むタイプ」と説明する。一方の飯豊は「私も『こう思えばこうなる』と信じている部分があり、目標を口に出すことは間違いではないと思っている」と真辺と近い部分を持ち合わせていることを明かす。

 劇中の関係性同様、横浜と飯豊もタイプ的には「正反対」というが、信頼関係は抜群だったよう。横浜は、役柄的にセリフのキャッチボールが難しかったというが、飯豊は「どんな会話でもしっかり返してくれる」と横浜の懐の深さに助けられていたという。

 メガホンをとった柳監督は、アメリカの高校在学中にバッカイフィルムフェスティバルのオハイオ州優秀賞を受賞するなど、注目を集める若手監督だが「原作が大好きで、美しい言葉や空気感をなんとか映画化したかった」と語ると、監督自ら作ったパイロット版をプロデューサーやキャストたちに見てもらい、議論を重ねながら、作品を作り上げていったという。

 横浜は「何度見ても感じ方が変わる映画。みなさんなりの答えを導き出してほしい」と客席に向かって作品をアピールしていた。

 『いなくなれ、群青』は9月6日より全国公開となる。

【関連記事】

 [動画]横浜流星、飯豊まりえら4人は実は高校の同級生だった!/映画『いなくなれ、群青』完成披露舞台挨拶
[動画]映画『いなくなれ、群青』予告編
横浜流星&飯豊まりえで青春ミステリー小説「いなくなれ、群青」実写映画化!
[動画]横浜流星&黒羽麻璃央の透き通るような存在感が光る!/映画『いなくなれ、群青』特別映像

関連キーワード飯豊まりえ横浜流星いなくなれ、群青

広告

財経アクセスランキング