大日本印刷が急伸、第1四半期好調でインテリジェントウェイブの大幅増益も好感

2019年8月8日 09:36

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■インテリジェントWの6月決算は前期受注の反動減を埋め営業利益68%増加

 大日本印刷<7912>(東1)は8月8日、大きく出直って始まり、取引開始後に9%高の2329円(200円高)まで上げ、ほぼ1週間ぶりに2300円台に復帰した。7日の取引終了後に発表した第1四半期(4~6月)の連結純利益が前年同期比78%増加。また、同時に連結子会社インテリジェント ウェイブ<4847>(東1)も6月決算を発表し、連結純利益が前期比81%増加。注目集中となった。

 インテリジェント ウェイブが7日発表した2019年6月期の連結業績は、前期の特定顧客向けの大型システム開発案件の反動があり、売上高は前期比1.5%減の104.43億円となった。

 ただ、この減少を、その他の顧客向けとクラウドサービス事業の増加によってあらかた補うことができ、不採算案件がなかったことや自社製パッケージソフトウェアの「NET+1(ネットプラスワン)」の伸びにより、営業利益は同68.3%増加して9.21億円となり、純利益も同81.2%増加して6.83億円となった。

 インテリジェント ウェイブの今期・2020年6月期の連結業績予想は、売上高が106.0億円(前期比1.5%の増加)、営業利益は10.0億円(同8.5%の増加)、純利益は7.2億円(同5.3%の増加)、予想1株利益は27円37銭。また、中期事業計画では、2022年6月期に売上高120億円、営業利益12億円、営業利益率10.0%を目指す。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • BMW 330e iPerformance(画像: BMWの発表資料より)
  • 「ポルシェタイカン」ナルドでのテスト風景(画像:ポルシェ ニュースルーム発表資料)
  • 蛇田店に配備されているせいきょう便(みやぎ生協発表資料より)
  • アストンマーティンから誕生する初SUVは、多くの自動車ファンの関心を集めそうだ(画像: アストンマーティン発表資料より)
  • スターバックスリザーブストア銀座マロニエ通りの外観イメージ。(画像:スターバックスコーヒージャパン発表資料より)
  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース