東京為替:ドル・円は上げ渋り、上海総合指数は大幅安

2019年7月22日 12:19

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*12:19JST 東京為替:ドル・円は上げ渋り、上海総合指数は大幅安
22日午前の東京市場でドル・円は107円90銭台での底堅い値動き。ランチタイムの日経平均先物は下げ幅を縮小しており、目先の日本株反転期待から円買いは後退しそうだ。また、時間外取引の米ダウ先物はプラス圏を維持しており、今晩の株高を見込んだドル買いも観測される。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は107円70銭から108円06銭、ユーロ・円は120円97銭から121円14銭、ユーロ・ドルは1.1207ドルから1.1220ドル推移した。《MK》

広告

広告

写真で見るニュース

  • TORQUE G04。(画像:KDDI発表資料より)
  • 「島耕作も愛した幻の立ちそば 虎ノ門 港屋 辛香るラー油の鶏そば」(画像: 日清食品の発表資料より)
  • ジャガー「XE」2020年モデル。(画像: ジャガー・ランドローバー・ジャパンの発表資料より)
  • Mazda3のオーディオシステム。(画像: マツダの発表資料より)
  • 虎ノ門・麻布台プロジェクト完成イメージ。(画像:森ビル発表資料より)
  • BMW 330e iPerformance(画像: BMWの発表資料より)
  • 「ポルシェタイカン」ナルドでのテスト風景(画像:ポルシェ ニュースルーム発表資料)
  • 蛇田店に配備されているせいきょう便(みやぎ生協発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース