かんぽ生命は小反発、日本生命の委託販売一時停止により「出尽し感」

2019年7月22日 10:12

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■10%強下落したあとはひとまず下げ止まる様子

 かんぽ生命保険<7181>(東1)は7月22日、小反発で始まり、取引開始後に1786円(27円高)まで上げている。生保最大手の日本生命保険が委託販売の一時停止を7月18日に申し入れたと伝えられ、当面予想された大きなマイナス材料が顕在化したため、株式相場特有の「懸念材料出尽し感」が広がったとの見方がある。

 保険の不適切な販売を受けて7月9日までの2000円台から18日の一時1745円まで10%強の下げとなったが、以後はひとまず下げ止まる様子を見せている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
エフティグループは戻り歩調、19年3月期は2Q累計が計画超の大幅増収増益で通期業績・配当予想も上方修正(2018/11/12)
巴工業は調整一巡して戻り歩調、18年10月期利益横ばい予想だが再増額余地(2018/11/12)
エランは明9日の3Q決算発表を前に通期業績再上ぶれ期待を高め下げ過ぎ訂正の続伸(2018/11/08)
メディシノバは続落もMN-166の臨床治験進展でバイオ株の逆行高特性を期待して突っ込み買いも交錯(2018/11/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース