史上初の女性「007」が登場!? ジャマイカにルーツの英国女優

2019年7月20日 08:42

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

●話題の仕掛け人は、注目の女性脚本家?

今週初め、『007』最新作『Bond 25(仮題)』で、史上初の女性「007」が登場するというニュースが流れた。写真:英国女優のラシャーナ・リンチ/E! Onlineより

●話題の仕掛け人は、注目の女性脚本家? 今週初め、『007』最新作『Bond 25(仮題)』で、史上初の女性「007」が登場するというニュースが流れた。写真:英国女優のラシャーナ・リンチ/E! Onlineより[写真拡大]

写真の拡大

 ●話題の仕掛け人は、注目の女性脚本家?

 今週初め、『007』最新作『Bond 25(仮題)』で、史上初の女性「007」が登場するというニュースが流れた。

 ・ジェームズ・ボンド役最有力候補が上半身裸で気合い十分! フェス盛り上げる

 ジェームズ・ボンドを演じるのは既報通り、ダニエル・クレイグだが、映画の冒頭で「007」と呼ばれて登場するのは女優のラシャーナ・リンチだという。3月公開の『キャプテン・マーベル』でブリー・ラーソン演じるヒロインの親友で女性パイロットのマリアを演じたイギリス出身で、ジャマイカにルーツを持つ31歳。

 第1報はイギリスのタブロイド紙「Sunday Mail」紙が報じたが、SNS上の映画の公式アカウントもラシャーナ本人の公式アカウントも何もコメントしておらず、報道の真偽については不明だ。同紙に語った関係者によると、「ボンドガール」という呼称も「ボンドウィメン」に変更されたという。

 これは共同脚本家の1人、フィービー・ウォーラー=ブリッジのアイディアによるもの。ウォーラー=ブリッジはAmazonプライムで配信中のシリーズ「Fleabag フリーバッグ」で脚本・主演を務め、辛辣かつリアルな女性描写に絶大な支持が寄せられている。今年のエミー賞コメディ部門で主演女優賞や脚本家賞、作品賞候補になっている。同賞ドラマ部門作品賞候補の「キリング・イヴ/Killing Eve」でも製作総指揮、脚本を務める注目の女性脚本家だ。

 日系アメリカ人のキャリー・ジョージ・フクナガが監督を務める『Bond 25(仮題)』は現在も撮影中。現時点の情報では、リンチが演じる「007」がどういう位置付けなのか不明。クレイグ演じるジェームズ・ボンドから「007」のコードネームを今後引き継ぐ存在となるのか、2020年の映画公開に注目が集まっている。

【関連記事】

 ダニエル・クレイグが『007』撮影中に転倒し負傷
『007』最新作にラミ・マレックが出演!ジャマイカでイベント開催
007最新作監督は3ヵ国語に堪能な知的イケメンの日系人! 北海道で語学講師の過去も
“多様性”は今や最重要ワードに! あのお騒がせセレブも謝罪に使用

広告

写真で見るニュース

  • 「島耕作も愛した幻の立ちそば 虎ノ門 港屋 辛香るラー油の鶏そば」(画像: 日清食品の発表資料より)
  • ジャガー「XE」2020年モデル。(画像: ジャガー・ランドローバー・ジャパンの発表資料より)
  • Mazda3のオーディオシステム。(画像: マツダの発表資料より)
  • 虎ノ門・麻布台プロジェクト完成イメージ。(画像:森ビル発表資料より)
  • BMW 330e iPerformance(画像: BMWの発表資料より)
  • 「ポルシェタイカン」ナルドでのテスト風景(画像:ポルシェ ニュースルーム発表資料)
  • 蛇田店に配備されているせいきょう便(みやぎ生協発表資料より)
  • アストンマーティンから誕生する初SUVは、多くの自動車ファンの関心を集めそうだ(画像: アストンマーティン発表資料より)
  • スターバックスリザーブストア銀座マロニエ通りの外観イメージ。(画像:スターバックスコーヒージャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース