スカーレット・ヨハンソン、クリック欲しさに文脈切り離すメディアに抗議

2019年7月16日 17:45

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

スカーレット・ヨハンソンが、映画で演じる役柄について「俳優として、どんな人間でも、木でも、動物でも演じることを許されていいはず。写真:スカーレット・ヨハンソン

スカーレット・ヨハンソンが、映画で演じる役柄について「俳優として、どんな人間でも、木でも、動物でも演じることを許されていいはず。写真:スカーレット・ヨハンソン[写真拡大]

写真の拡大

 スカーレット・ヨハンソンが、映画で演じる役柄について「俳優として、どんな人間でも、木でも、動物でも演じることを許されていいはず。それが私の仕事だし、私の仕事に必要とされていることだから」と雑誌インタビューで語り、物議を醸している。

 ・スカーレット・ヨハンソンの起用に批判が殺到

 スカーレットは「As If」誌のインタビューで現代アートの画家、デイヴィッド・サーレと対談し、その中で上記の発言をした。スカーレットは『攻殻機動隊』をハリウッドで映画化した『ゴースト・イン・ザ・シェル』で、オリジナルでは日本名だったヒロインを演じて、アジア人キャラクターを白人が演じるいわゆる“ホワイトウォッシュ”と批判されたが、昨年は『Rub & Tug(原題)』でトランスジェンダーの男性役に起用されたところ、本物のトランスジェンダー俳優から雇用機会を奪ったとして批判され、役を降板した経緯がある。

 スカーレットは今回の発言について「サイトがクリック欲しさに編集し、前後の文脈から意味が切り離されている」と抗議の声明を発表した。「コンテンポラリー・アーティストのデイヴィッド・サーレとの対話で私が答えた質問の内容は、ポリティカルコレクトネスとアートの対立でした」「私は個人的に、理想の世界ではどんな俳優がどんな役でも演じられるべきだと考えています。そしてあらゆる形態のアートはポリティカルコレクトネスに影響されないはず。それが私の言いたかったことです」と発言の意図を明確にした。

 スカーレットは、映画業界の多様性を支持しており、「現実には白人やシスジェンダー(出生時に診断された身体的性別と性自認が一致し、それに従っていきる人)の俳優たちが優遇され、すべての俳優は私のように恵まれる機会を与えられてきませんでした」「私は、これまでと同じくあらゆる産業における多様性を支持し続けます。あらゆる人々が含まれる映画の企画のために戦いを続けていきます」と語った。

【関連記事】

 “多様性”は今や最重要ワードに! あのお騒がせセレブも謝罪に使用
スカーレット・ヨハンソンの起用に批判が殺到
新たな時代の風はハリウッドにも! 映画業界に見える様々な変化の証
セクシュアル・マイノリティへの理解が進まぬ日本の現状浮き彫り

広告

写真で見るニュース

  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース