ミロク情報サービスは口座振替による集金代行サービス『楽たす回収』の提供を2019年7月4日より開始

2019年7月16日 09:43

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■集金業務に係るコストの削減、業務効率化を支援するクラウドサービス

 ミロク情報サービス(MJS)<9928>(東1)は、口座振替による集金代行サービス『楽たす回収』の提供を2019年7月4日より開始した。

 集金代行サービス『楽たす回収』は、取引先からの代金回収をMJSが口座振替により代行し、顧客の指定の口座に入金することで、集金業務に係るコストの削減、業務効率化を支援するクラウドサービス。

 初期契約料5,000円(税抜き)、月額基本料金3,000円(税抜き)、回収代行手数料120円(税抜き/1件あたり)で利用することができ、訪問集金時に発生していた人件費や交通費が削減されるとともに、クレジットカード決済や銀行振込を利用して集金する際に発生する手数料に比べ、安価な手数料で利用することができるため、コスト削減が期待できる。また、企業の仕入れ、経費などの振込支払業務をMJSが代行するサービス『楽たす振込』を利用中の顧客は、初期契約料無料、月額利用料1,000円(税抜き)という特別価格で利用できる。口座振替データの内容は、全銀協規定フォーマットのほか、ExcelやCSV形式でも登録可能となっており、顧客データなどのデータを元に口座振替データを作成できる。また、口座振替依頼から振替結果の確認まで『楽たす回収』の専用WEBサイトで行うことができるため、訪問集金の場合に発生していた現金管理や、振込集金における入金状況確認などの手間が減り、業務を効率化できる。

 また、本社・支社(事業所)間の連携機能を実装したので、利用したい支社分のサービス利用IDを追加(有料オプション)することで、本社・支社の両方で口座振替の依頼、振替結果を参照することができ、顧客の業務フローに合わせた運用(事務処理の集約・分散)が可能である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告