12日の日本国債市場概況:債券先物は153円38銭で終了

2019年7月12日 18:42

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:42JST 12日の日本国債市場概況:債券先物は153円38銭で終了
<円債市場>
長期国債先物2019年9月限
寄付153円39銭 高値153円46銭 安値153円33銭 引け153円38銭
売買高総計36418枚

2年 402回 -0.180%
5年 140回 -0.210%
10年 355回 -0.120%
20年 168回 0.240%

債券先物9月限は、153円39銭で取引を開始。米連邦準備制度理事会(FRB)の大幅利下げ観測後退を受けた売りが先行し、153円33銭まで下げた。その後、日銀が実施した国債買い入れオペで超長期ゾーンの応札倍率が低下したことが好感され、買いに転じて153円46銭まで上げた。しかし、引けにかけては売りが再燃した。現物債の取引では、全年限が売られた。

<米国債概況>
2年債は1.86%、10年債は2.14%、30年債は2.67%近辺で推移。
債券利回りはほぼ横ばい。(気配値)

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は-0.20%、英国債は0.84%(気配値)、オーストラリア10年債は1.43%、NZ10年債は1.60%。


[本日の主要政治・経済イベント]
・21:30 米・6月生産者物価指数(前月比予想:0.0%、5月:+0.1%)
・23:00 エバンス米シカゴ連銀総裁講演(通商と米中西部)《KK》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース