葵わかなと木下晴香のWキャストでブロードウェイミュージカル「アナスタシア」上演決定

2019年7月1日 13:05

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

葵わかなと木下晴香主演(Wキャスト)で、2020年3月上旬から4月下旬にかけて東京・東急シアターオーブ、大阪・梅田芸術劇場メインホールにて、ブロードウェイミュージカル「アナスタシア」が上演されることがわかった。写真:葵わかなと木下晴香

葵わかなと木下晴香主演(Wキャスト)で、2020年3月上旬から4月下旬にかけて東京・東急シアターオーブ、大阪・梅田芸術劇場メインホールにて、ブロードウェイミュージカル「アナスタシア」が上演されることがわかった。写真:葵わかなと木下晴香[写真拡大]

写真の拡大

 葵わかなと木下晴香主演(Wキャスト)で、2020年3月上旬から4月下旬にかけて東京・東急シアターオーブ、大阪・梅田芸術劇場メインホールにて、ブロードウェイミュージカル「アナスタシア」が上演されることがわかった。

 ・[動画]映画『アラジン』中村倫也×木下晴香「ホール・ニュー・ワールド」吹替版MV

 本作は、第70回アカデミー賞で歌曲賞、作曲賞にノミネートされたアニメーション映画『アナスタシア』に着想を得て制作されたミュージカル。1918年、帝政ロシア時代の最後の皇帝ロマノフ2世をはじめ一族が殺害されたというニュースがあふれる中、皇女アナスタシアだけは難を逃れて生き続けているという歴史上の謎「アナスタシア伝説」に基づいた物語だ。記憶をなくした主人公アーニャが、自分の過去を取り戻し、愛する家族と自分の心の帰る場所を見つける旅路を描いた、大人から子どもまで楽しめる愛と冒険に満ちた作品となっている。

 ブロードウェイでは、2017年3月のプレビュー公演を経て、4月24日に開幕。以降、19年3月まで2年間にも及ぶロングラン上演となった。また、18年10月からのスペイン公演、北米ツアー、11月からのドイツ公演に続いて、本年9月にはオランダ公演の開幕も予定され、世界各国での上演も続々と決定している。ニューヨークタイムズを始め大手アメリカメディアの劇評でも絶賛されるなど、ブロードウェイで高く評価された本作が、本国クリエイティブ・スタッフ&日本キャストで上演される。

 主人公のアーニャ役を演じるのは、今年『ロミオ&ジュリエット』で華々しくミュージカルデビューをはたした葵わかなと、ディズニー実写映画『アラジン』のプレミアム吹替版でジャスミン役を担当し話題の木下晴香の2人。

 本作主演に葵は「日本初演、アジア初演のこの作品に携わることができてとても光栄です。アーニャは力強い美しさを持った女性です。記憶がないという孤独の中で、夢と希望を持って愛を探す冒険に出ます。楽曲、衣装、舞台装置、どれもお話の世界観を感じるとても素敵なものです。ブロードウェイからいらっしゃるクリエイティブチームのみなさんと、海外作品ならではのダイナミックさを作りながら、日本にしかない繊細さをプラスしていけたらと思います。『アナスタシア』を通してみなさまにお伝えできるものがありますように」。

 木下は「楽曲を聴いて心奪われたのが、この作品との最初の出会いでした。それから作品を知れば知るほど魅了されている今、こうしてアーニャを演じる機会を頂けたこと、本当に嬉しいです。日本初演の舞台に参加させていただくのは初めてで、今までと少し違うワクワクと緊張がありますが、素晴らしいクリエイティブチームのみなさん・キャストのみなさんと、この作品にもっと深く触れる日々をとても楽しみにしています。この作品は、アーニャの人生を軸として、成長や家族、恋心、信じるもの…その輝きや温もりに気づける魅力が詰まった作品です。素晴らしい舞台をお届けできるよう、全力でつとめます。よろしくお願いいたします!」とのコメントを寄せている。

【関連記事】

 [動画]中村倫也「僕を信じて」と木下晴香に手を差しのべ/映画『アラジン』イベント
『アラジン』中村倫也&木下晴香、地上300mの“日本で一番空に近い場所”で生歌披露
[動画]葵わかな×佐野勇斗、夏休みだけの期間限定の恋/映画『青夏 きみに恋した30日』予告編
葵わかな、ナレーションで参考にしたのはヒゲじい!?

関連キーワードディズニー葵わかな

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース