東京為替ドル・円は108円台で上げ渋り、欧州通貨は上昇基調

2019年6月27日 16:12

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:12JST 東京為替ドル・円は108円台で上げ渋り、欧州通貨は上昇基調

 27日午後の東京市場でドル・円は108円台を維持するものの、上げ渋る展開。欧州勢とみられるユーロやポンドの買いが入り、ドル・円をやや下押ししたようだ。ただ、欧州通貨は対円でも上昇し、クロス円の上昇に波及しドル・円を下支えする。一方、米10年債利回りは2.06%付近で方向感は乏しく、ドル買いは仕掛けづらいようだ。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は107円65銭から108円16銭、ユーロ・円は122円42銭から122円86銭、ユーロ・ドルは1.1348ドルから1.1376ドルで推移した。《FA》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
  • 極大を迎えるミラの位置 (c) 国立天文台
  • 新型Audi A1 Sportback(写真:アウディジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース