寺島しのぶに毒娘っぷりをほめられた足立梨花「ほめられている気がしない」と苦笑い

2019年6月26日 12:32

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

WOWOW『連続ドラマW 湊かなえ ポイズンドーター・ホーリーマザー』完成披露舞台挨拶が6月25日にユナイテッド・シネマ豊洲で行われ、寺島しのぶ、足立梨花、清原果耶、中村ゆり、倉科カナ、吉田康弘監督、滝本憲吾監督、湊かなえ(原作)が出席した。写真:寺島しのぶと足立梨花

WOWOW『連続ドラマW 湊かなえ ポイズンドーター・ホーリーマザー』完成披露舞台挨拶が6月25日にユナイテッド・シネマ豊洲で行われ、寺島しのぶ、足立梨花、清原果耶、中村ゆり、倉科カナ、吉田康弘監督、滝本憲吾監督、湊かなえ(原作)が出席した。写真:寺島しのぶと足立梨花[写真拡大]

写真の拡大

 WOWOW『連続ドラマW 湊かなえ ポイズンドーター・ホーリーマザー』完成披露舞台挨拶が6月25日にユナイテッド・シネマ豊洲で行われ、寺島しのぶ、足立梨花、清原果耶、中村ゆり、倉科カナ、吉田康弘監督、滝本憲吾監督、湊かなえ(原作)が出席した。

 ・『連続ドラマW 湊かなえ ポイズンドーター・ホーリーマザー』完成披露舞台挨拶、その他の写真

 本作は湊の短編集「ポイズンドーター・ホーリーマザー」をもとに全6話で構成されたミステリードラマ。母と娘や姉妹、嫉妬などを題材に、人間の情念をえぐりとるような物語が描かれる。

 第1話『ポイズンドーター』と第2話『ホーリーマザー』では、寺島と足立が毒親・毒娘を熱演。寺島は撮影前の印象を「毒親・毒娘という言葉が流行っていると聞いて面白いと思って台本を読ませていただきましたけど、非常に難しかったです」と振り返り、「台本を読んだ時には『これできるかな?』と思うくらい、どうやって演じればいのかとても手探りのままスタートしました」とコメント。

 それでも、寺島はスタッフと一丸となって取り組んだ現場に「素晴らしかったです」と話し、足立も「結構悩みながらの撮影になりましたけど、監督と寺島さんに助けていただいて撮影できたのですごく楽しかったです」と満足そうに振り返った。

 作品では毒親と毒娘のパワーバランスも重要な要素で、寺島が足立の毒娘っぷりをほめていた様子をMCが紹介。寺島曰く「結構お母さんはエグいことを言い、それをあまり可哀相と思わせすぎるとバランスが悪いと思われてしまうけど、足立さんを『はじめまして』でパッと見た時に『毒だ』って思えたんです」とコメント。これに対し足立は「ほめられている気がしない」と笑いながら声を上げるも、寺島から「本当にほめているんです」と告げられ、足立は「そう言っていただけてすごく嬉しかったです」と笑顔を浮かべていた。

 また、撮影エピソードでは、ドラマ内のドラマとして2人が足立のキスシーンを一緒に見たエピソードも紹介。足立は「これ、自分で見て恥ずかしくないの?」と寺島から聞かれたことが印象的だったそうで、「私は全然平気に見られるタイプですけど、(寺島は)ダメなんですよね」と2人の性格の違いがわかる一コマも語られていた。

 『連続ドラマW 湊かなえ ポイズンドーター・ホーリーマザー』はWOWOWプライムにて7月6日より放送となる。
(text&photo:中村好伸)

【関連記事】

 [動画]足立梨花主演・仕組まれた壮絶なイジメの復讐劇に立ち向かえ!/映画『傷だらけの悪魔』予告編
[動画]寺島しのぶ、ベルリン受賞作初日に涙ぐみ「この映画は一生の宝物」
[動画]横浜流星、清原果耶は「心配になるくらい落ち着いてる」/映画『愛唄 -約束のナクヒト-』完成披露
[動画]倉科カナ、清原果耶、新津ちせが登壇/『3月のライオン』ひなまつりイベント

関連キーワードWOWOW足立梨花湊かなえ清原果耶倉科カナ

広告