松田翔太、窪田正孝に「結婚したい」「愛し合いたい」という思いぶつける!?

2019年6月25日 21:56

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』のOSAKAプレミア舞台挨拶が6月24日に大阪ステーションシティシネマで行われ、窪田正孝、松田翔太、山本舞香が登壇した。写真:窪田正孝

映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』のOSAKAプレミア舞台挨拶が6月24日に大阪ステーションシティシネマで行われ、窪田正孝、松田翔太、山本舞香が登壇した。写真:窪田正孝[写真拡大]

写真の拡大

 映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』のOSAKAプレミア舞台挨拶が6月24日に大阪ステーションシティシネマで行われ、窪田正孝、松田翔太、山本舞香が登壇した。

 ・『東京喰種 トーキョーグール【S】』OSAKAプレミア舞台挨拶、その他の写真

 本作は、2017年に公開され興行収入11億円の大ヒットを記録した『東京喰種 トーキョーグール』の第2弾。不慮の事故により、人を喰らわないと生きられない喰種(グール)と人間のハーフ【半喰種】になってしまった金木研(カネキ・ケン)が、悩み葛藤しながらも人間と喰種の「共存」に向けて闘う姿を描く。主人公のカネキ役を窪田が続投し、松田がカネキの最大の宿敵である喰種・月山習(ツキヤマ・シュウ)役、山本がヒロインの霧嶋董香(キリシマ・トーカ)役を演じている。

 キャスト陣が本作の試写会で、映画鑑賞後に観客の前に姿を現すのはこの日が初めて。窪田は映画を見終えたばかりの観客に対し「みなさんの率直な感想を聞きたいですね!」と興奮気味。また、2年ぶりにカネキ役を演じたことについて「作品が続くというのはすごくありがたい。役者冥利に尽きるところがありますね」と思いを吐露した。

 役作りについて窪田は「前回は、鈴木伸之くん演じる亜門と戦っていたんですが、僕は基本的にボコボコにされていて(笑)。芝居もリアクションが全てで、どれだけ無様にやられるかで相手の強さがわかる。カネキ自身は受け身で、まわりのみんなが起こす事件や騒動に巻き込まれていく“巻き込まれ型”なので、その受け身さを大切に演じていますね」とコメント。

 そんなカネキと相対する月山を演じた松田は「気持ちよかったですね〜!」と満足気な表情を浮かべると、「窪田くんが素直に演じてくれるので、僕がどれだけ変態な役でもやりやすかったです」と窪田の受け身演技を絶賛。役作りについては「(カネキを)『喰べたい』という気持ちは、そのままだと理解されにくいので、『好き』という気持ちに置き換えて、とにかく『結婚したい!』『愛し合いたい!』という極限の愛に持っていくしかないなと思いました」と独特なアプローチを取っていたことを告白。これには窪田も「バトルアクション映画と言ってはいますが、この映画は大恋愛映画なので!」と同意。

 また、カネキと共に喫茶店「あんていく」に身を寄せるトーカ役の山本は、本作で激しいワイヤーアクションを自らこなしていることについて、「アトラクションみたいな感じで楽しいです!」と余裕の笑みを浮かべつつ、「でき上がるまでは想像しながら演じているところも多かったので、完成を見てすごいなと思いました」と手応えを感じている様子だった。

 『東京喰種 トーキョーグール【S】』は7月19日より全国公開となる。

【関連記事】

 [動画]『東京喰種 トーキョーグール【S】』主題歌入り予告編
[動画]松田翔太、窪田正孝を食べたい!?/映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』TOKYOプレミア
『東京喰種』第2作は窪田正孝&松田翔太の恋愛映画!?
[動画]マギーの物憂げな表情から物語がスタート/映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』本編冒頭映像

関連キーワード東京喰種窪田正孝鈴木伸之

広告

広告

写真で見るニュース

  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース