sMedioは7日続伸、業績が大きく改善する見込みでファーウエイ代替の期待も

2019年6月25日 13:36

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■日経平均構成銘柄の動きが後場も重く投資の基本・好業績に注目する様子

 sMedio(エスメディオ)<3913>(東マ)は6月25日の後場寄り後に790円(57円高)まで上げ、7日続伸基調となっている。マルチメディア、無線接続技術(ワイヤレスコネクティビティ)関連のソフトウエア開発などを行い、今12月期の連結業績は各利益とも赤字が大きく改善する見通し、日経平均構成銘柄の動きが後場も重く、投資の基本に立ち返って好業績の銘柄に注目する動きが強待ってきたとの見方が出ている。

 5月中旬には、シャープ<6753>(東1)の「AQUOS(アクオス)」スマートフォン専用データ移行アプリ「シャープデータバックアップ」開発に協力と発表した。一部には、中国ファーウエイ(華為技術)に対する米国を中心とした経済制裁を念頭に、代替需要の恩恵などを期待する様子もあるようだ。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース