東京為替:ドル・円は弱含み、米長期金利の低下で

2019年6月25日 11:33

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*11:33JST 東京為替:ドル・円は弱含み、米長期金利の低下で
25日午前の東京市場でドル・円は本日の安値を更新し、107円09銭に値を下げる展開。米10年債利回りが2.01
%付近に低下し、ドル売り方向に振れやすい。また、日本株や中国株が弱含み、株安を嫌気した円買いも観測される。ただ、米株式先物がプラス圏を維持しており、ドルの下げをある程度弱めているもよう。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は107円11銭から107円41銭、ユーロ・円は122円17銭から122円47銭、ユーロ・ドルは1.1395ドルから1.1410ドルで推移した。《MK》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース