本当は怖い童話の世界? 話題沸騰のダークアクションが米若者を引きつける理由とは…

2019年6月21日 18:57

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

国内ドラマが続々と最終回を迎えるなか、新ドラマが始まるまでの間こそ、これまで見逃していたドラマを楽しむのにぴったりな時期と言えるだろう。写真:『GRIMM/グリム』 (C)2017 Open 4 Business Productions LLC. All rights reserved.

国内ドラマが続々と最終回を迎えるなか、新ドラマが始まるまでの間こそ、これまで見逃していたドラマを楽しむのにぴったりな時期と言えるだろう。写真:『GRIMM/グリム』 (C)2017 Open 4 Business Productions LLC. All rights reserved.[写真拡大]

写真の拡大

 国内ドラマが続々と最終回を迎えるなか、新ドラマが始まるまでの間こそ、これまで見逃していたドラマを楽しむのにぴったりな時期と言えるだろう。そこで、いま話題の海外ドラマを6月12日〜18日のHulu週間ランキングからピックアップしていきたい。

 ・人気ランキング10作品中7位がアニメ! 特に男性から支持されている作品は…?

まず1位に輝いたのは、女性から高い支持を獲得している『NYガールズ・ダイアリー 大胆不敵な私たち』。いよいよシーズン3に突入したこともあり、先週の6位から大きくランクアップを果たした。仕事でも恋愛でも抱える悩みはより複雑さを増しているが、そのなかでも自分らしく生きる女性たちの姿が共感を呼んでいる。

そんななか、今回ムビコレが注目するのは4位の『GRIMM/グリム』。その名の通り、グリム童話からインスパイアされた本作は、新感覚ダーク・サスペンスとして、アメリカでは若者を中心に話題となったドラマだ。

主人公となるのは、ある日、自分が人間に紛れて存在している魔物を狩る「グリム一族」の末裔であることを知らされる殺人課の刑事ニック。魔物たちが関わる事件が次々と巻き起こってしまうなか、ニックがそれぞれの謎に立ち向かっていく様子が描かれている。本作は刑事ドラマでありながら、ダーク・ファンタジーの要素も取り込まれているが、その斬新さが人気の秘訣。「赤ずきん」や「ヘンゼルとグレーテル」といった誰もが知っている童話をモチーフとしているところも、視聴者を引き付けている理由と言えるだろう。

そのほか、上位には『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』や『ロック・アップ/スペイン 女子刑務所』といったおなじみの作品が続いている。しかし、このところ週間ランキングの総合部門において、海外ドラマがトップ10内にランクインすることは少なく、国内ドラマとアニメに押され気味。それだけに、夏にかけて海外ドラマ全体の奮闘に期待したいところだ。(文:志村昌美/ライター)

【Hulu 6月12日〜18日の週間ランキング/海外ドラマ】
1位『NYガールズ・ダイアリー 大胆不敵な私たち』
2位『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』
3位『ロック・アップ/スペイン 女子刑務所』
4位『GRIMM/グリム』
5位『ヒューマンズ』
6位『SUPERGIRL/スーパーガール』
7位『ウォーキング・デッド』
8位『ゲーム・オブ・スローンズ』
9位『SUITS/スーツ』
10位『レジデント 型破りな天才研修医』

【関連記事】

 人気ランキング10作品中7位がアニメ! 特に男性から支持されている作品は…?
か弱き美女が囚われの身に! 壮絶な闘いをサバイブできるのか?
史上最高にお上品なリアリティ番組が、下世話な好奇心を満たす!
[動画]『GRIMM/グリム』予告編

関連キーワードHuluウォーキング・デッド

広告