イワキが急伸、第2四半期の利益見通しを大幅増額し注目集中

2019年6月20日 09:38

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■通期見通しは据え置いたが、こちらにも期待が強まる

 イワキ<8095>(東1)は6月20日、急伸して始まり、取引開始後に9%高の547円(43円高)まで上げて年初来の高値を更新した。19日の夜、第2四半期の連結営業、経常、純利益の見通し(2018年12月~19年5月累計)の増額修正を発表。経常利益は従来予想を46.7%引き上げるなど、大幅な上振れとなった。

 売上高はほぼ当初予算通りとなる見込みとしたが、利益面では、医薬FC事業において高薬価品の製造量増加、自社原料、電子・機能性材料や主力商品の販売伸長が大きく寄与した。11月通期の見通しは従来予想を据え置いたが、こちらについても期待や注目が強まっている。(HC) (情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
エフティグループは戻り歩調、19年3月期は2Q累計が計画超の大幅増収増益で通期業績・配当予想も上方修正(2018/11/12)
巴工業は調整一巡して戻り歩調、18年10月期利益横ばい予想だが再増額余地(2018/11/12)
エランは明9日の3Q決算発表を前に通期業績再上ぶれ期待を高め下げ過ぎ訂正の続伸(2018/11/08)
メディシノバは続落もMN-166の臨床治験進展でバイオ株の逆行高特性を期待して突っ込み買いも交錯(2018/11/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告