ビジョナリーホールデが急落、アルーは急伸

2019年6月19日 15:40

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:40JST ビジョナリーホールデが急落、アルーは急伸
<6769> ザイン 906 +20
反発。総務省が実施している「電波資源拡大のための研究開発及び異システム間の周波数共用技術の高度化に関する研究開発」に関わる提案公募に採択されたと発表している。情報通信研究機構、広島大学、名古屋工業大学、東京理科大学と共同で応募していた。非圧縮低電力無線伝送技術や高精細度映像伝送技術の研究開発で技術提案しており、将来の利益拡大につながるとの見方から買われている。

<7043> アルー 1048 +98
急伸、4万2200株(0.61億円)を上限に自社株を取得すると発表している。発行済株式総数(自社株を除く)に対する割合は1.65%。取得期間は19日から7月31日まで。ストックオプション(新株予約権)の行使に伴い交付する株式に充当することが目的。11日に直近高値(1042円)を付けてから株価が軟調に推移していることも値頃感を高め、買いにつながったようだ。

<4443> Sansan 5460 0
公開価格(4500円)を5.8%上回る4760円で初値を付けた。設立年月日は07年6月11日。事業内容は法人向けの名刺管理サービス及び個人向け名刺管理アプリの提供。19年5月期の営業損益予想は9.38億円の赤字。テレビコマーシャル等を中心としたマーケティング活動を実施しているほか、営業部門を中心に140人程度の人員増加を予定している。第3四半期累計の実績は6.55億円の赤字。

<3692> FFRI 4780 -85
大幅に6日ぶり反発。東京海上HD<8766>傘下の東京海上日動火災保険と共同研究契約を締結すると発表している。コンピューターシステムやネットワークの保安上の問題に対応する組織の業務運営を自動化し、高品質な製品やサービスの提供を目指す。具体的には、サイバーリスク保険の付帯サービスとしての提供や東京海上日動が運営するサイバー・セキュリティ事業への活用などを検討する。株価は朝高後、マイナス転換。

<4583> カイオム 182 +2
急伸。カイオム・バイオサイエンス<4583>のADLibシステム(トリ免疫細胞を用いたモノクローナル抗体作製システム)を使用して富士レビオが開発する特異的抗体を含む診断薬キットの製品化に伴い、知的財産の実施に関する契約を新たに締結したと発表している。富士レビオは臨床検査薬の製造・販売などを手掛けており、カイオム・バイオサイエンスは製品の売上に応じたロイヤルティを受け取る。

<9263> ビジョナリーホールデ 46 -11
急落で年初来安値。20年4月期の営業利益予想を前期比34.6%減の6.10億円と発表。伊マルコリン社の日本総代理店を子会社化したことに伴い、のれん償却費が発生。19年4月期の営業利益は30.1%増の9.32億円で着地。主力の小売事業が順調に伸びた。10月31日の株主を対象に10株につき1株の割合で併合する。株主優待にリラクゼーションやトータルアイ検査プレミアムコースを追加する変更などを行う。《FA》

広告