マザーズ指数は3日ぶり反発、注目IPOであるSansanの初値は4760円/マザーズ市況

2019年6月19日 15:34

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:34JST マザーズ指数は3日ぶり反発、注目IPOであるSansanの初値は4760円
 19日のマザーズ指数は3日ぶりの反発となった。18日の米国株式市場で、米中首脳会談の開催意向が示されたことで主要3指数が揃って続伸し、朝方のマザーズ市場にも買いが先行した。寄り付き後に、本日マザーズ市場へと上場した注目ユニコーン銘柄であるSansan<4443>が堅調な出足となった流れから、指数寄与に影響しない同社へと向かったことで、マザーズ指数は一時上げ幅を縮小する場面もあった。その後は、Sansanが上げ幅を拡大するなか、個人投資家のセンチメント改善に繋がり、マザーズ銘柄全般に対する買い戻しの動きも目立つようになった。なお、売買代金は概算で1200.79億円。騰落数は、値上がり191銘柄、値下がり85銘柄、変わらず8銘柄となった。
 値上がり率上位銘柄では、レアジョブ<6096>が18%高となったほか、ソーシャルワイヤー<3929>やアイ・ピー・エス<4390>がストップ高水準まで買い進まれた。売買代金上位では、HEROZ<4382>、オンコリス<4588>、PKSHA<3993>、モルフォ<3653>、ロゼッタ<6182>が上昇した一方で、そーせい<4565>、チームスピリット<4397>、Kudan<4425>、メドピア<6095>は下落した。
 なお、前述したSansanの初値は公開価格を5.8%上回る4760円となり、初値形成時の出来高は167万5600株だった。《SK》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース