岡田准一、罰ゲーム披露した木村文乃&山本美月を「かわいかった」と絶賛!

2019年6月14日 21:00

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

映画『ザ・ファブル』のトークイベントが6月13日にスペースFS汐留で行われ、岡田准一、木村文乃、山本美月が出席し「究極のミッション」に挑戦した。写真:左から山本美月、岡田准一、木村文乃

映画『ザ・ファブル』のトークイベントが6月13日にスペースFS汐留で行われ、岡田准一、木村文乃、山本美月が出席し「究極のミッション」に挑戦した。写真:左から山本美月、岡田准一、木村文乃[写真拡大]

写真の拡大

 映画『ザ・ファブル』のトークイベントが6月13日にスペースFS汐留で行われ、岡田准一、木村文乃、山本美月が出席し「究極のミッション」に挑戦した。

 ・木村文乃&山本美月の罰ゲーム写真はこちら!『ザ・ファブル』トークイベント

 本作は、圧倒的な強さと的確な手腕で、狙った相手を6秒以内で必ず仕留める最強の殺し屋ファブル(岡田准一)が、ボスから「1年間殺し屋を休業し、一般人・佐藤アキラとして普通の生活を送ること」という指令を与えられ、一般人として暮らし始めるというストーリー。

 ファブル役を演じた岡田は、オーバーリアクションの演技や変顔など、コミカルな要素が話題を集めていることについて「もともとコメディ出身なので!」と笑顔をのぞかせると、「ファブルは真面目にやればやるほど面白い役。江口カン監督もコメディ要素を強くしたいとおっしゃっていたので、リアクションを強めに作っていきました」とコメント。

 ファブルの相棒ヨウコ役を演じた木村は「監督がカットをかけないのでやるしかなくて、アドリブばかりでした。共演の山本さんにも藤森さん(オリエンタルラジオ)にも失礼なことを。私とお酒を飲むときは気を付けていただきたいです(笑)」と冗談まじりに振り返ると、どこか幸の薄い苦労人のミサキ役を演じた山本は、酔ったヨウコが陽気にミサキの顔を変形させて遊ぶシーンについて「(木村さんに)顔をメチャクチャにしていただいて感謝です!」と語った。

 その後、キャスト3人は「プロとしてスカッとクリアせよ!究極のミッション2番勝負」に挑戦! 最初のミッションは「6秒以内に決断せよ!3択クイズ」。第1問では、ファブルのペットとして本作に登場するインコの「ナナちゃん」を当てる問題が出題され、ステージに3羽のインコが登場する中、劇中でナナちゃんとの共演をはたした岡田は「(撮影時も)ナナちゃんを頭の上によく乗せていたので、絶対3番だと思う。色が違うし、鳴き声を聞いて確信した」と自信たっぷり。木村、山本も3番をチョイスし、結果的に全員が正解した。

 また、第2問では岡田と木村が正解するものの、第3問で山本のみが正解し、この時点で3人の成績は同率!

 勝負の行方が気になる中、2つ目のミッション「究極の救出ミッション!スカッと解決!究極の悩みごとに答えます」が始まる。これは、観客からキャスト陣に相談したい「究極の悩みごと」を事前に集め、スタッフが厳選した悩みをキャストがそれぞれ答えるというもの。相談者が一番スッキリした回答を選ぶことで、「究極の悩みごと」からの救出を競う。

 最初の相談は保育の勉強中という方から「子どもたちの前でピアノを弾く機会があるが、緊張でよく間違えてしまう」という内容。木村は「間違えたらニコッと笑って、逆に子どもたちの憧れの先生になったらいいんじゃないかな」、山本は「根拠のない自信を持って、何とでもなれという感じでやったらいいと思う!」とアドバイス。岡田は「困ったらミとソの音のときに変な顔をすればいい」とファブルばりの変顔でアドバイスするも、「うまくやりたい気持ちが強くなると、その場に飲み込まれてしまう。うまく聞かせることは本質ではなくて、子どもたちにどうしたら喜んでもらえるかとか、本当にやりたいことを見つけるのが、一番緊張しないと思う」と続け、会場からは盛大な拍手が!

 さらに、「最近職場に新しく入ったポーカーフェイスの上司と、どうコミュニケーションをとればいいのか悩んでいる」や「好きな人がお笑いファンなので、面白く告白したい」という相談が寄せられ、最終的にすべての相談で岡田のアドバイスが支持され、ぶっちぎりの優勝を勝ち取った。

 一方、敗者となった木村と山本に待ち受けていたのは罰ゲーム。なんと、劇中に登場するファブルが大好きなお笑い芸人ジャッカル富岡(宮川大輔)のギャグ「何で俺もやね〜ん」を全力で披露することに。まさかの罰ゲームに驚く木村と、リズム感に自信がないという山本は、恥ずかしがりながらも独特な動きで「何で俺もやね〜ん」をお披露目し、会場は大盛り上がり! 岡田も「かわいかったですよ」と女優陣たちの頑張りを絶賛していた。

 『ザ・ファブル』は6月21日より全国公開となる。

【関連記事】

 岡田准一、地元大阪凱旋で“ひらパー”ネタ 観客沸かせる
岡田准一「福士蒼汰くんとずっと話していた夢が叶いました」
岡田准一主演『ザ・ファブル』×ひらパーコラボ!面白ポスター完成
岡田准一主演『ザ・ファブル』に酒好きの社長役で佐藤二朗が出演!

関連キーワード岡田准一木村文乃ザ・ファブル

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース