日経平均寄与度ランキング(大引け)~ 日経平均は3日ぶり反発、ファーストリテとダイキンの2銘柄で約50円押し上げ

2019年6月14日 17:48

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*17:48JST 日経平均寄与度ランキング(大引け)~ 日経平均は3日ぶり反発、ファーストリテとダイキンの2銘柄で約50円押し上げ
14日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり135銘柄、値下がり83銘柄、変わらず7銘柄となった。

日経平均は3日ぶり反発。13日の米国市場でNYダウは3日ぶりに反発し、101ドル高となった。ホルムズ海峡近くで石油タンカー2隻が攻撃され、原油先物相場の上昇で石油株に買いが先行。早期利下げ観測が強まったことも相場を後押しした。本日の日経平均もこうした流れを引き継ぎ17円高からスタート。朝方はマイナスに転じる場面もあったが、前場中ごろにかけて買い戻し優勢で21100円近辺まで上昇した。ただ、引け後に発表される米中経済指標を見極めたいとの思惑も強く、後場に入るとこう着感を強めた。

大引けの日経平均は前日比84.89円高の21116.89円となった。東証1部の売買高は10億6848万株、売買代金は2兆0018億円だった。先物・オプション特別清算指数(SQ)算出日だったが、売買代金は2兆円を小幅に上回る水準にとどまった。業種別では、鉱業、パルプ・紙、石油・石炭製品が上昇率上位だった。一方、水産・農林業、海運業、電気・ガス業が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の61%、対して値下がり銘柄は34%となった。

値上がり寄与トップはファーストリテ<9983>で、1銘柄で日経平均を約43円押し上げた。欧州系証券による目標株価引き上げがみられたようだ。同2位はダイキン<6367>で、ソニー<6758>や、ユニファミマ<8028>、ヤマハ<7951>などが続いた。ソニーは、米ファンドが同社株を追加取得し、半導体部門の分離を要求していると伝わったことが材料視されたもよう。また、日経平均構成銘柄の上昇率トップは千代化建<6366>で3.13%高、同2位はソニーで3.07%高だった。

一方、値下がり寄与トップは東エレク<8035>で、1銘柄で日経平均を約10円押し下げた。同2位はオムロン<6645>で電通<4324>や安川電<6506>、花王<4452>などが続いた。また、日経平均構成銘柄の下落率トップは前日の引け後に決算を発表した東京ドーム<9681>で、第1四半期2ケタ減益決算がマイナス視され4.07%安となり、同2位はマルハニチロ<1333>で2.16%安だった。

*15:00現在


日経平均株価  21116.89(+84.89)

値上がり銘柄数 135(寄与度+122.10)
値下がり銘柄数  83(寄与度-37.21)
変わらず銘柄数  7

○値上がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ 66060 1160 +42.59
<6367> ダイキン 13815 195 +7.16
<6758> ソニー 5498 164 +6.02
<8028> ユニファミマ 2586 28 +4.11
<7951> ヤマハ 5220 100 +3.67
<6098> リクルートHD 3511 33 +3.63
<4911> 資生堂 8520 82 +3.01
<6971> 京セラ 6949 40 +2.94
<4021> 日産化学 4780 75 +2.75
<9735> セコム 9338 63 +2.31
<9984> ソフトバンクG 10005 20 +2.20
<4507> 塩野義 6198 52 +1.91
<8252> 丸井G 2331 50 +1.84
<4543> テルモ 3196 11 +1.62
<6305> 日立建 2831 37 +1.36
<4151> 協和キリン 2034 33 +1.21
<9766> コナミHD 5150 30 +1.10
<4704> トレンド 4975 30 +1.10
<4519> 中外薬 7120 30 +1.10
<4523> エーザイ 6271 30 +1.10

○値下がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<8035> 東エレク 14630 -280 -10.28
<6645> オムロン 5360 -60 -2.20
<4324> 電通 3695 -55 -2.02
<6506> 安川電 3290 -45 -1.65
<4452> 花王 8403 -45 -1.65
<6988> 日東電 5063 -42 -1.54
<4568> 第一三共 5989 -39 -1.43
<6976> 太陽誘電 1782 -32 -1.17
<4578> 大塚HD 3647 -23 -0.84
<9681> ドーム 1038 -44 -0.81
<6841> 横河電 2051 -18 -0.66
<3382> 7&iHD 3710 -15 -0.55
<3407> 旭化成 1144.5 -14 -0.51
<6103> オークマ 5250 -70 -0.51
<2802> 味の素 1902 -13 -0.48
<2531> 宝HD 1135 -13 -0.48
<1332> 日水 652 -12 -0.44
<5301> 東海カ 1137 -12 -0.44
<6113> アマダHD 1165 -11 -0.40
<6770> アルプスアル 1806 -10 -0.37《AK》

広告

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース