ビットコイン億万長者、「2020年までにビットコイン価格は2万ドル回復の可能性」と発言【フィスコ・ビットコインニュース】

2019年6月10日 18:07

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:07JST ビットコイン億万長者、「2020年までにビットコイン価格は2万ドル回復の可能性」と発言【フィスコ・ビットコインニュース】
アメリカで、10代にして仮想通貨投資で「億万長者」となったことで著名なエリック・フィンマン氏が、2020年までにビットコイン価格を2万ドル(約217万円)まで回復する可能性があると発言した。フォーブスが報じた。

以前フィンマン氏は、2018年に主要な仮想通貨が大きく下落したことを受けて「ビットコインはほぼ死んでいる」と発言していた。しかし、足元で仮想通貨価格は大きく反発して年始からは約2倍の水準まで戻ってきている。

フィンマン氏はシリコンバレーにおける仮想通貨の注目度が高まり、ソーシャルメディア大手のフェイスブックや米情報通信大手のAT&Tの仮想通貨技術導入、2020年の米大統領候補のアンドリュー・ヤン氏の発言などを受けて、フィンマン氏自身の計画も機能すれば年末までに1BTC=2万ドルの水準までの回復はあり得ると発言。

フィンマン氏はまた、仮想通貨が大きく値上がりした2017年を振り返って「2019年は、ビットコインと仮想通貨にとって新たな2017年」と述べている。

フィンマン氏は、ビットコイン普及のためには取引の利便性向上が必要という理念の下で、ビットコイン購入やクレジットカード決済にビットコインを利用できるサービス「コインビッツ」(CoinBits)を開発中。今後もサービス内容の拡大を模索している。《SI》

広告

広告

写真で見るニュース

  • ブラング エア パフュームディフューザー(カーメイトの発表資料より)
  • 渦巻銀河NGC3147のブラックホールに存在する降着円盤の想像図 (c) NASA, ESA, S. Bianchi (Università degli Studi Roma Tre University), A. Laor (Technion-Israel Institute of Technology), and M. Chiaberge (ESA, STScI, and JHU); illustration: NASA, ESA, and A. Feild and L. Hustak (STScI)
  • イオンモール上尾のイメージ(イオンモール発表資料より)
  • Nintendo Switch Lite イエロー。(画像:任天堂発表資料より)
  • 機体左側のイメージ(画像: 日本航空の発表資料より)
  • MAZDA6セダン(画像: マツダの発表資料より)
  • ノート e-POWER(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • アルマ望遠鏡が撮影した、巨大原始星「G353.273+0.641」。原始星周囲のコンパクトな構造を赤、円盤を黄、その外側に広がるガス(エンベロープ)は青として疑似カラー合成されている。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Motogi et al.
 

広告

ピックアップ 注目ニュース