劇場版『仮面ライダージオウ』に前野朋哉、若林時英が出演決定!

2019年6月2日 20:46

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

 『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』に、前野朋哉と若林時英が出演することが決定した。写真:劇場版「ジオウ・リュウソウジャー 」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ ADK EM ・東映 (C)2019 テレビ朝日・東映 AG ・東映

『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』に、前野朋哉と若林時英が出演することが決定した。写真:劇場版「ジオウ・リュウソウジャー 」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ ADK EM ・東映 (C)2019 テレビ朝日・東映 AG ・東映[写真拡大]

写真の拡大

  『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』に、前野朋哉と若林時英が出演することが決定した。前野は戦国時代の英雄・織田信長役を、若林は信長の家臣の忍者・牛三役をつとめる。

 ・ 『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』 その他の写真

 本作は平成仮面ライダーシリーズ第20作目にして平成最後の仮面ライダー作品で、歴代の平成仮面ライダーの力を駆使する仮面ライダージオウが大活躍する『仮面ライダージオウ』の劇場版。『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIEタイムスリップ!恐竜パニック!!』との2本立てとなっている。

 子どもの頃からリアルタイムで視聴してきた仮面ライダー作品に初出演を果たすことになった前野は「まさかの!? 織田信長役で参加させていただき、信長として暴れさせてもらってます。ソウゴくん(奥野壮)、ゲイツくん(押田岳)、ウォズくん(渡邊圭祐)、ツクヨミちゃん(大幡しえり)とも共演でき、仮面ライダー愛にあふれる現場に参加できて本当に幸せでした」と感謝の言葉を述べた。

 続けて「子どもの頃リアルタイムで見ていたのは『仮面ライダーBLACK RX」で、平成仮面ライダーは大学生の頃、『仮面ライダー響鬼』を友だちの影響で見はじめ、子どもが2人できた現在でも、『仮面ライダージオウ』を家族みんなでドハマりしながら見ています。自分専用の『響鬼』と『ダブル(仮面ライダーW)』のライドウォッチも持っています! この物語は“過去”“現在”“未来”とさまざまな立場の人間が交差していき“新しい歴史”を作っていく話だと思っています。各々が持つ仮面ライダーとの思い出を胸に、ソウゴくん達が作る“未来”を皆さんの目で見届けてほしいと思います」と仮面ライダー愛を語りつつアピールした。

 また、同じく仮面ライダーに慣れ親しんできたという若林は「仮面ライダー作品は自分にはご縁がないと思っていたので、今回参加できてとても嬉しく思います。脚本を読む前は“もしかしたら仮面ライダーに変身するかも”と淡い期待があったのですが、台本を拝見して人生は甘くないと改めて実感しました。キャスト、スタッフの皆さんの仮面ライダー愛がすごい現場だと初日に感じたのを今でも覚えています。僕の仮面ライダーといえば『仮面ライダー555(ファイズ)』で、子どもの頃友達とファイズごっこをして遊んでいた時に、当時はうまく『ファイズ』と言えず『パィズ』と言っていたので、毎回ファイズになれなくてよくケンカしていました(笑)。平成仮面ライダー、仮面ライダージオウの集大成です! 僕が演じる牛三も活躍している…はず!ですので、ぜひお楽しみに!」とコメントしている。

  『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIEタイムスリップ!恐竜パニック!!』 は7月26日より公開となる。

【関連記事】

 佐藤健が仮面ライダーに10年ぶりに出演「大変光栄」
[動画]過去20作の主題歌とともに!平成最後の仮面ライダー劇場版主題歌スペシャル映像解禁
平成最後の仮面ライダーは「ブレン」!主演は松島庄汰
[動画]筧美和子、キュートな婦警姿で映画『仮面ライダー』出演の喜び語る

 

関連キーワード仮面ライダー

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース