黒いダイヤモンドを巡る命がけの戦いは必見!

2019年5月31日 22:42

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

一気に夏の気配が漂い始めると、海の季節が到来したことを感じるのでは? 一言に「海」といっても、さまざまな楽しみ方があるが、海で戦う男たちの姿に迫った海外番組が話題となっている。写真:『一攫千金!巨大マグロ漁 南北対決 2』 (C)PFTV Huluのナショナル ジオグラフィックで配信中

一気に夏の気配が漂い始めると、海の季節が到来したことを感じるのでは? 一言に「海」といっても、さまざまな楽しみ方があるが、海で戦う男たちの姿に迫った海外番組が話題となっている。写真:『一攫千金!巨大マグロ漁 南北対決 2』 (C)PFTV Huluのナショナル ジオグラフィックで配信中[写真拡大]

写真の拡大

 一気に夏の気配が漂い始めると、海の季節が到来したことを感じるのでは? 一言に「海」といっても、さまざまな楽しみ方があるが、海で戦う男たちの姿に迫った海外番組が話題となっている。そこで、5月22日〜28日のHulu週間ランキングをもとにその魅力を探っていきたい。

 ・絶景を巡るナショジオ番組で未知の美に圧倒!

今回ムビコレが取り上げるのは、8位にランクインを果たした『一攫千金!巨大マグロ漁 南北対決 2』。タイトル通り、巨大マグロ漁に密着した人気ドキュメンタリー番組だ。いまや世界的にも空前の寿司ブームが巻き起こっているため、マグロの乱獲が進み、漁獲量の減少が心配されている。日本人にとっては、マグロが食べられなくなるのは死活問題と言ってもいいだろう。

そんななか、本シリーズに登場するのは、「黒いダイヤモンド」と呼ばれる高級魚クロマグロの捕獲に挑む男たち。アメリカの海を舞台に、竿とリールを使ったクロマグロ漁に取り組んでいる。1本釣れれば数十万から数百万円すると言われているだけに、まさに命懸けの戦いだ。

現在配信中のシーズンで映し出されているのは、南部と北部の漁師たちによる対決。漁の厳しさや海の激しさをリアルに体感できる映像だけに、くれぐれも船酔いには気を付けたいところだ。毎週土曜に新たなエピソードが追加されているが、各話35日間の期間限定となっているので、くれぐれもお見逃しなく。普段何気なく食べているマグロの裏に潜む苦労を知れば、マグロの味わいも変わってくるかもしれない。海好きならずとも興味深い番組と言えるだろう。

そのほか、『メーデー!:航空機事故の真実と真相』が2週連続で1位を死守。全体的にも顔ぶれに大きな変化はなく、7作品が先週と変わらずトップ10入りしている。新たに加わった5位の『トップギア』、8位の『一攫千金!巨大マグロ漁 南北対決 2』、9位の『ジョーディ・ショア 〜ワイルド・ジョーディのニューカッスル・ライフ〜』の3作品が今後どこまで上位の常連としてとどまれるか、楽しみなところだ。(文:志村昌美/ライター)

【Hulu 5月22日〜28日の週間ランキング/海外ドキュメンタリー&バラエティ】
1位『メーデー!:航空機事故の真実と真相』
2位『ナチス・ドイツの巨大建造物』
3位『古代の宇宙人』
4位『ライド with ノーマン・リーダス』
5位『トップギア』
6位『アー・ユー・ザ・ワン? 〜奇跡の出会いは100万ドル!』
7位『史上最悪の地球の歩き方』
8位『一攫千金!巨大マグロ漁 南北対決 2』
9位『ジョーディ・ショア 〜ワイルド・ジョーディのニューカッスル・ライフ〜』
10位『トーキング・デッド』

【関連記事】

 か弱き美女が囚われの身に! 壮絶な闘いをサバイブできるのか?
絶景を巡るナショジオ番組で未知の美に圧倒!
極寒の世界で人々の救助に挑む! 危険を顧みずに救助に挑むヒーローたちに感動
今まさに“持っている男”田中圭W主演のドラマが大人気! 袴田吉彦の自虐ネタにも注目集まる

関連キーワードHulu

広告

広告

写真で見るニュース

  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース