ダニエル・クレイグが『007』撮影中に転倒し負傷

2019年5月25日 16:56

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

『007』シリーズ最新作の撮影中、主演のダニエル・クレイグが負傷し、手術を受けることが明らかになった。写真:ダニエル・クレイグの負傷を伝えるジェームズ・ボンドの公式ツイッター

『007』シリーズ最新作の撮影中、主演のダニエル・クレイグが負傷し、手術を受けることが明らかになった。写真:ダニエル・クレイグの負傷を伝えるジェームズ・ボンドの公式ツイッター[写真拡大]

写真の拡大

 『007』シリーズ最新作の撮影中、主演のダニエル・クレイグが負傷し、手術を受けることが明らかになった。

 ・ジェームズ・ボンド役最有力候補が上半身裸で気合い十分! フェス盛り上げる

 シリーズ第25作となる『ボンド 25(仮題)』の公式ツイッターによると、主役のジェームズ・ボンドを演じるクレイグがジャマイカで撮影中に負傷した足首の手術を受けるという。

 「The Sun」紙に匿名の関係者が語ったところによると、5月上旬にジャマイカでの出演シーンの撮影終盤に「走るシーンで転倒し、ひどい痛みに悩まされていた」という。渡米して検査を受けたところ、同じ週の後半から開始予定だったロンドンのパインウッド・スタジオでの撮影が延期になった。

 公式ツイッターは「簡単な手術を行い、術後2週間リハビリにあてるが、その間も映画の撮影は続けられ、予定通り来年4月公開のスケジュールに変更はない」としている。

 クレイグは現在51歳で、『007 カジノ・ロワイヤル』(06)に登場してから4度目となる今作が最後の作品になるとみられている。

【関連記事】

 プラダのドレスがキツすぎ失神騒動のエル・ファニング、親指立て復活アピール
ダニエル・クレイグ夫妻に第1子誕生! 英国セレブのおめでた相次ぐ
『007』最新作にラミ・マレックが出演!ジャマイカでイベント開催
007最新作監督は知的イケメン日系人! 北海道で語学講師の過去も

広告

広告

写真で見るニュース

  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース