『ダンボ』先行デジタル配信&MovieNEXリリースが決定!監督のインタビュー映像も到着

2019年5月24日 14:01

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

鬼才ティム・バートン監督がメガホンをとり、世界中から今なお愛され続けているディズニーの名作アニメーションを、全く新しい物語として実写化したファンタジー・アドベンチャー『ダンボ』。写真:(C) 2019 Disney

鬼才ティム・バートン監督がメガホンをとり、世界中から今なお愛され続けているディズニーの名作アニメーションを、全く新しい物語として実写化したファンタジー・アドベンチャー『ダンボ』。写真:(C) 2019 Disney[写真拡大]

写真の拡大

 鬼才ティム・バートン監督がメガホンをとり、世界中から今なお愛され続けているディズニーの名作アニメーションを、全く新しい物語として実写化したファンタジー・アドベンチャー『ダンボ』。この作品が、早くも7月3日より先行デジタル配信開始。7月17日にはMovieNEXと4K UHD MovieNEXが発売されることが発表され、これを記念し、バートン監督のインタビュー映像が解禁となった。

 ・[動画]解禁となった『ダンボ』ティム・バートン監督インタビュー映像

 アニメーション版の大ファンだというバートン監督は、人々から愛され続けている『ダンボ』のイマジネーション豊かで広がりのある世界を利用しながら、実際のセットや小道具、特殊効果、視覚効果を巧みに使用し、全く新しい実写によるファンタジー・アドベンチャーへと仕立て上げた。

 そんな監督は、ダンボへの思いを「まず飛ぶ象の絵が好きだった。僕には多くの感情を伝える絵に見える。周囲になじめない悩みや、欠点を美点に変えていく前向きな気持ちなど、いろんな思いが詰まっているんだ」と吐露。そして「人間たちも、どこかダンボと似ているね。ホルトも子どもたちも周りになじめず悩んでいる。エヴァ(・グリーン)が演じるコレットも同じことだ。そのテーマがおとぎ話風に表現されるところがすばらしい」と続ける。

 一方、何度も見てほしいシーンは? との質問には、思いっきり笑い出すと「ないね」とひと言。その理由を「映画というのは、観客に自由に楽しんでもらうものだ。僕は誰かに作品の見方を指示したくないよ。それぞれ好きなところを見つければいい。観客自身が見つけるべきだよ」と明かしている。

 MovieNEXには、“ようこそ! サーカスの世界へ”やメイキング・オブ『ダンボ』、アニメーション映画『ダンボ』へのオマージュ、エンドソング「ベイビー・マイン」を担当したアーケイド・ファイアのミュージックビデオなど、貴重なボーナス・コンテンツを多数収録(デジタル配信(購入)にも一部収録)。

 『ダンボ』は7月3日より先行デジタル配信開始。7月17日にMovieNEX(4200円+税)、4K UHD MovieNEX(8000円+税)が発売となるほか、ブルーレイとDVDのレンタルもスタートとなる。

【関連記事】

 [動画]ダンボが空飛ぶ理由が明らかに!映画『ダンボ』予告編
[動画]ティム・バートン監督も来日!コリン・ファレル×西島秀俊らが出席/『ダンボ』ジャパンプレミア
[動画]竹内まりやが歌い山下達郎がコーラス!/映画『ダンボ』日本版エンドソングMV
[動画]ティム・バートンのサーカスはこうして創られた!/映画『ダンボ』特別映像

関連キーワードディズニーダンボ

広告

広告

写真で見るニュース

  • 国内では2019年秋に一般公開予定のBMW・8シリーズ グランクーペ(画像: BMWの発表資料より)
  • 実験実施時の様子。(画像:大阪大学発表資料より)
  • アウトバーストを起こす超大質量ブラックホール (c)  X-ray: NASA/CXO/CSIC-INTA/G.Miniutti et al.; Optical: DSS
  • (画像: ブルーパドルの発表資料より)
  • 東急プラザ渋谷のイメージ(東急不動産発表資料より)
  • MINIの生誕60周年記念特別仕様車「MINI 60 YEARS EDITION」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 惑星探査機カッシーニからみた土星 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース