長谷工 続落、カタリスト不足として国内証券が投資判断を格下げ

2019年5月23日 13:50

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:50JST 長谷工---続落、カタリスト不足として国内証券が投資判断を格下げ
長谷工<1808>は続落。大和証券では投資判断を「2」から「3」に格下げしている。目標株価も1500円から1200円に引き下げへ。今後2-3年は業績拡大のイメージがつかみにくく、株価が対TOPIXでアウトパフォームするカタリストに乏しいと考えているもよう。受注時採算の低下や資材費・運送費の上昇等により完成工事総利益率の低下幅が想定を上回る見通しになったとして、今期営業利益は従来予想の960億円から880億円に引き下げている。《HH》

広告

広告

写真で見るニュース

  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース