長谷工 続落、カタリスト不足として国内証券が投資判断を格下げ

2019年5月23日 13:50

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:50JST 長谷工---続落、カタリスト不足として国内証券が投資判断を格下げ
長谷工<1808>は続落。大和証券では投資判断を「2」から「3」に格下げしている。目標株価も1500円から1200円に引き下げへ。今後2-3年は業績拡大のイメージがつかみにくく、株価が対TOPIXでアウトパフォームするカタリストに乏しいと考えているもよう。受注時採算の低下や資材費・運送費の上昇等により完成工事総利益率の低下幅が想定を上回る見通しになったとして、今期営業利益は従来予想の960億円から880億円に引き下げている。《HH》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 日野セレガ スーパーハイデッカ。(画像:日野自動車発表資料より)
  • ボーイング777F型機(画像: 全日本空輸の発表資料より)
  • 「LIVE QR(ライブ・キューアール)」の画面イメージ。(画像: ボードウォークの発表資料より)
  • 2012年8月31日に起こったコロナ質量放出の様子。(c) NASA's Goddard Space Flight Center
  • アルト 40周年記念特別仕様車 Lリミテッド。(画像:スズキ発表資料より)
  • PCエンジンミニ、本体イメージ。(c)Konami Digital Entertainment
  • 「ドラゴンクエストウォーク」の画面イメージ。(画像: スクウェア・エニックスの発表資料より)
  • 「レモンのタルト12cm」(写真:大丸松坂屋百貨店の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース