後場の日経平均は149円安でスタート、TDKや安川電などがマイナスで推移

2019年5月23日 13:09

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;21133.54;-149.83TOPIX;1539.37;-6.84

[後場寄り付き概況]

 後場の日経平均は前日比149.83円安の21133.54円と前引けから下げ幅を縮小して取引を開始した。午前の日経平均は反落。中国株も軟調。225先物はランチタイムにかけて21100円-21160円のレンジで推移。前引けにかけてやや下げ幅を縮めた動きを引き継ぐ形で、後場は下げ幅をさらに縮める形で寄り付いた。ただ、その後は下げ幅を再び拡げており軟調な推移が続いている。

 業種別では、鉱業、石油・石炭製品、海運業、金属製品、電気機器、建設業、パルプ・紙、非鉄金属、情報・通信業などがマイナスで推移。一方、水産・農林業、食料品、陸運業、電気・ガス業、小売業などがプラスで推移している。売買代金上位では、TDK<6762>、ソフトバンクG<9984>、安川電機<6506>、村田製作所<6981>、アドバンテスト<6857>、ソニー<6758>などがマイナスで推移。一方、リクルートホールディングス<6098>、任天堂<7974>、ZOZO<3092>、ファーストリテ<9983>などがプラスで推移している。《HH》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース