ソフトバンクG 大幅続落、スプリントの合併計画に不透明感が再燃で

2019年5月23日 09:58

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*09:58JST ソフトバンクG---大幅続落、スプリントの合併計画に不透明感が再燃で
ソフトバンクG<9984>は大幅続落。米司法省の独占禁止当局では、同社傘下のスプリントとTモバイルUSの合併計画について、合併を阻止するため提訴するよう省内で提言したと報じられている。競争法上の観点が承認に難色を示す背景とみられている。先には、米FCC委員長が「公益にかなう」として合併を認める意向を表明しており、足元では合併実現への期待感が高まりつつあったとみられる。なお、同省の最終的な判断には1カ月程度かかる見通しのもよう。《US》

広告