日経平均テクニカル:小反発、-1σを超過

2019年5月22日 18:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:15JST 日経平均テクニカル:小反発、-1σを超過
本日22日の日経平均は小反発となった。5日移動平均線が下値支持線として作用する一方で、75日線が抵抗ラインとして意識され、もみ合い状態が続いた。ローソク足は陰線を引き、上値の重さを示した。しかし、ボリンジャーバンドでは、8日以来2週間ぶりに-1σを上回って取引を終え、一時-3σ割れを見た14日をボトムとする回復トレンドの継続を確認できた格好となっている。また、日足の一目均衡表では、日々線は昨日に続いて雲中に留まった。4月26日を直近ピークに下降を続けてきた転換線が横ばいに転じ、23日以降の売り圧力の軽減が期待される。《FA》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース