東京為替:ドル・円は安値もみ合い、日本株はプラス圏を維持

2019年5月22日 15:16

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:16JST 東京為替:ドル・円は安値もみ合い、日本株はプラス圏を維持
22日午後の東京市場でドル・円は110円40銭台と安値圏でのもみ合い。日経平均株価は大引けにかけて上げ幅を縮小したが、プラス圏を維持して取引を終えた。そのため、リスク回避的な円買いは回避。ただ、中国株や米株式先物の軟調地合いや米10年債利回りの低水準での推移を受け、ややドル売り・円買い方向に傾きやすい。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円39銭から110円62銭、ユーロ・円は123円12銭から123円50銭、ユーロ・ドルは1.1153ドルから1.1166ドルで推移した。《MK》

広告

財経アクセスランキング