CRI・ミドルウェアの中国合弁会社が中国でサウンド実装事例を展示し高評価

2019年5月22日 15:00

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■5月に設立した70%出資会社がライセンス提供や技術サポートなど開始

 CRI・ミドルウェア<3698>(東マ)は5月22日、中国子会社である上海希艾維信息科技有限公司(CRI MiddlewareChinaCo.,Ltd.、本社:上海市)が5月10日から12日に中国で開催された「UniteShanghai2019」に出展し、中国市場における活動を開始したと発表。上海市を起点に、中国市場におけるCRIWAREのライセンス提供、技術サポートを行って行くとした。

 同子会社は、2019年5月に設立したCRIの中国現地法人で、中国における業務提携先VanguardSoundTechnology社と共同出資で設立し、CRIが70%出資している。

 出展・展示では、サウンド実装時の問題点と解決策、業務効率化策などの具体的な事例は中国の開発担当者の皆様にも大変有益な内容であったと高評価されたという。

 同展示会は、UnityTechnologiesApSが主催する世界規模の開発者イベント。ゲーム、VR、AR、MRなどの業界で権威・影響力のある毎年恒例のイベントとなっており、発表によると、2018年の参加者数は世界中で1万人を超えた。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
  • HD140283 (c) Digitized Sky Survey (DSS), STScI/AURA, Palomar/Caltech, and UKSTU/AAO
  • (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース