TKPが上場来高値に迫る、高値更新後の調整が浅く四半期決算への期待も

2019年5月21日 10:52

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■20年4月「みなとみらい21」地区に横浜エリアで最大級のカンファレンス施設

 ティーケーピー(TKP)<3479>(東マ)は5月21日、再び出直りを強め、10時過ぎには5200円(300円高)前後で推移し、4月につけた株式分割など調整後の上場来高値5520円に迫っている。20日付で、横浜市の「みなとみらい21」地区に、横浜エリアで最大級になる600名収容の大ホールを備えたカンファレンス施設「TKPガーデンシティPREMIUM横浜駅新高島」(仮称)を2020年4月にオープンすると発表。注目が再燃している。

 このところの株価は、4月中旬から下旬にかけて3700円前後から5520円まで5割近く急伸し、上場来の高値に進んだ。4月16日に2月決算と世界的なワークスペース、レンタルオフィス事業会社の日本法人プロバイダーの子会社化を発表し、翌日から急伸した。高値更新後の調整が浅く、第1四半期決算(3~5月)に対する期待が出てくる頃合いでもあるため、引き続き株価材料には敏感に反応する傾向が強いようだ。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ダイヤモンドエレクトリックHDは田淵電機を支援、自動車のEVシフト等でシナジー効果を期待(2018/11/14)
全国保証は第1四半期2ケタ増収増益と好調、4400円どころは下値(2018/10/04)
ウィルは中部圏への活動エリア拡大へ、配当利回り妙味も増す(2018/10/03)
サンコーテクノは反発期待、19年3月期増収増益・連続増配予想で2Q累計2桁増益と順調(2018/11/09)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告