竹内涼真&藤原竜也が“相棒”に!まぶしい2ショットセルフィーも

2019年5月21日 09:14

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

竹内涼真が、藤原竜也主演×羽住英一郎監督で映画&連続ドラマ化される『太陽は動かない』に出演することが決定し、それぞれの印象を答えるインタビュー動画が到着した。写真:(C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020 映画「太陽は動かない」製作委員会

竹内涼真が、藤原竜也主演×羽住英一郎監督で映画&連続ドラマ化される『太陽は動かない』に出演することが決定し、それぞれの印象を答えるインタビュー動画が到着した。写真:(C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020 映画「太陽は動かない」製作委員会[写真拡大]

写真の拡大

 竹内涼真が、藤原竜也主演×羽住英一郎監督で映画&連続ドラマ化される『太陽は動かない』に出演することが決定し、それぞれの印象を答えるインタビュー動画が到着した。竹内は、藤原が演じる主人公・鷹野一彦の後輩であり相棒の田岡亮一を演じる。

 ・[動画]竹内涼真、映画初共演の藤原竜也は「お兄ちゃんって感じ」/『太陽は動かない』インタビュー

 原作は、『怒り』『悪人』など幾つもの作品が映画化されてきた吉田修一の小説で、通称“鷹野一彦”シリーズ3部作の「太陽は動かない」「森は知っている」「ウォーターゲーム」。今回、映画で描かれるのは「太陽は動かない」「森は知っている」の2編で、連続ドラマは原作者監修のもと構築するオリジナルストーリーとなる。

 物語は、世界を股にかけながら国政や企業の裏で暗躍し、そこで得た重要機密事項や情報から対価を得ることを生業としている産業スパイ組織「AN通信」。諜報員・鷹野(藤原)と相棒の田岡(竹内)は、世界各国が奪い合う革新的な太陽光エネルギー開発技術に関する情報争奪戦の中にいた。そこには日本政財界を揺るがす巨大な陰謀が隠されており、鷹野らは商売敵の韓国人スパイ・デビッドキムや謎の女・AYAKO、そして各国の権力者らと対峙していく。

 竹内は、本作が初共演となる藤原の印象について「ふとした時のセリフだったり、表情だったり、一緒に撮影をさせていただいていてすごく勉強になりますし、自分からも仕掛けたいなと思っています。先輩ですけど食らいついてやっていかないといけないと思います。竜也さんからコミュニケーションを取ってくださり、食事にも何度も連れて行っていただきました。頼りになるお兄ちゃんという感じです」 とコメント。

 一方の藤原は竹内について「すごく力のある俳優さんです。勉強していて、頭の回転の速い俳優だなというイメージで、初共演なのですが、彼に引っ張られる部分もあったし、彼がいたからこそ助かったなというシーンもいっぱいありました。あと面白いです。撮影以外のところでもコミュニケーションを取って仲良くなりました」と相性の良さを語っている。

 『太陽は動かない』は2020年5月に劇場公開&2020年にWOWOWにてドラマ放映となる。

【関連記事】

 [動画]藤原竜也、映画初共演の竹内涼真は「すごく力のある俳優」/『太陽は動かない』インタビュー
藤原竜也×羽住英一郎が初タッグで吉田修一原作小説を映画&連続ドラマ化
竹内涼真、「ドライブ連れてって」おねだりバッサリ「無理ですね」
竹内涼真「俺を落としてみなよ」に会場が熱狂!

関連キーワードWOWOW藤原竜也竹内涼真太陽は動かない

広告

写真で見るニュース

  • ジャガー「XE」2020年モデル。(画像: ジャガー・ランドローバー・ジャパンの発表資料より)
  • Mazda3のオーディオシステム。(画像: マツダの発表資料より)
  • 虎ノ門・麻布台プロジェクト完成イメージ。(画像:森ビル発表資料より)
  • BMW 330e iPerformance(画像: BMWの発表資料より)
  • 「ポルシェタイカン」ナルドでのテスト風景(画像:ポルシェ ニュースルーム発表資料)
  • 蛇田店に配備されているせいきょう便(みやぎ生協発表資料より)
  • アストンマーティンから誕生する初SUVは、多くの自動車ファンの関心を集めそうだ(画像: アストンマーティン発表資料より)
  • スターバックスリザーブストア銀座マロニエ通りの外観イメージ。(画像:スターバックスコーヒージャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース