松坂桃李が語った、自身にとってのヒーローとは?

2019年5月20日 20:33

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

松坂桃李が、5月17日に丸の内ピカデリーで行われた『居眠り磐音』初日舞台挨拶に、木村文乃、芳根京子、柄本佑、杉野遥亮、石丸謙二郎、谷原章介、本木克英監督とともに登壇した。写真:松坂桃李

松坂桃李が、5月17日に丸の内ピカデリーで行われた『居眠り磐音』初日舞台挨拶に、木村文乃、芳根京子、柄本佑、杉野遥亮、石丸謙二郎、谷原章介、本木克英監督とともに登壇した。写真:松坂桃李[写真拡大]

写真の拡大

 松坂桃李が、5月17日に丸の内ピカデリーで行われた『居眠り磐音』初日舞台挨拶に、木村文乃、芳根京子、柄本佑、杉野遥亮、石丸謙二郎、谷原章介、本木克英監督とともに登壇した。

 ・『居眠り磐音』初日舞台挨拶 その他の写真

 本作で時代劇初主演をつとめた松坂は、公開初日を迎えた感想を「無事に初日を迎えることができ、皆さんと同じ時間を過ごすことができて幸せに思っております」と笑顔でコメント。作品の見どころとなっている殺陣シーンについては「大変なことの連続でした。どのように刀を構えれば眠ったように見えるか、だいぶ練習しました。柄本さんとも一緒に何度も稽古を重ねる中で、アドバイスをいただきました。あとは3月の撮影だったので、とても寒かったのを覚えています」と振り返った。

 また、“令和初の新時代劇”となる同作で松坂が演じる主人公・磐音というニューヒーローが誕生したことにかけて、登壇者それぞれが自身にとってのヒーローを回答。松坂は「父」と答え、「普段はおっとりしていて、声も小さいんですが、僕や姉が悪さをすると、しっかりと叱ってくれて、正してくれました。そんな武士のような、まさに磐音のような父が僕のヒーローでした」と目を細める。

 登壇者の中で、ヒーローを「松坂」と答えたのは木村と杉野。木村は「本格的な時代劇は初ということもあり、この作品のお仕事では本当に慣れないことばかりで、あたふたしてしまうことが多々あったのですが、松坂さんはその場の雰囲気をおだやかな空気にしてくれて、いつも私をフォローし続けてくれました。ありがとうございました」と感謝。杉野も「僕はデビューした頃から、先輩としてお手本にさせていただいています。稽古を頑張って頑張って、やっと松坂さんと同じ作品に出させていただいても、やはり僕よりもさらに先を進んでいる松坂さんの姿を見て、憧れを持っています。僕を常に優しくフォローしてくださって、リードしてくれる松坂さんが僕のヒーローです」と目を輝かせた。

【関連記事】

 [動画]松坂桃李が時代劇初主演、本格殺陣シーンも!映画『居眠り磐音』予告編
松坂桃李、原作者・佐伯泰英から“闘牛士”に例えられ照れ笑い
『居眠り磐音』杉野遥亮インタビュー
[動画]号泣必至、MISIAの切ない主題歌「LOVED」映画『居眠り磐音』主題歌入り予告編

関連キーワード松坂桃李芳根京子木村文乃杉野遥亮柄本佑居眠り磐音

広告

財経アクセスランキング