ドル・円は安値圏、米中対立の激化に警戒

2019年5月20日 19:16

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*19:16JST ドル・円は安値圏、米中対立の激化に警戒
欧州市場でドル・円は110円10銭を下回り、本日安値圏でのもみ合いが続く。米中貿易摩擦の激化への警戒感から欧州株や米株式先物の軟調地合いとなり、クロス円の下げがドル・円を下押し。一方、米10年債利回りは節目の2.40%台を維持しており、ドル売りは仕掛けづらいもよう。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円00銭から110円16銭、ユーロ・円は122円70銭から123円00銭、ユーロ・ドルは1.1153ドルから1.1166ドルで推移した。《MK》

広告

広告

写真で見るニュース

  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
  • HD140283 (c) Digitized Sky Survey (DSS), STScI/AURA, Palomar/Caltech, and UKSTU/AAO
  • (c) 123rf
  • 使用イメージ。(画像: サンワサプライの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース