ドル・円は安値圏、米中対立の激化に警戒

2019年5月20日 19:16

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*19:16JST ドル・円は安値圏、米中対立の激化に警戒
欧州市場でドル・円は110円10銭を下回り、本日安値圏でのもみ合いが続く。米中貿易摩擦の激化への警戒感から欧州株や米株式先物の軟調地合いとなり、クロス円の下げがドル・円を下押し。一方、米10年債利回りは節目の2.40%台を維持しており、ドル売りは仕掛けづらいもよう。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円00銭から110円16銭、ユーロ・円は122円70銭から123円00銭、ユーロ・ドルは1.1153ドルから1.1166ドルで推移した。《MK》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 日野セレガ スーパーハイデッカ。(画像:日野自動車発表資料より)
  • ボーイング777F型機(画像: 全日本空輸の発表資料より)
  • 「LIVE QR(ライブ・キューアール)」の画面イメージ。(画像: ボードウォークの発表資料より)
  • 2012年8月31日に起こったコロナ質量放出の様子。(c) NASA's Goddard Space Flight Center
  • アルト 40周年記念特別仕様車 Lリミテッド。(画像:スズキ発表資料より)
  • PCエンジンミニ、本体イメージ。(c)Konami Digital Entertainment
  • 「ドラゴンクエストウォーク」の画面イメージ。(画像: スクウェア・エニックスの発表資料より)
  • 「レモンのタルト12cm」(写真:大丸松坂屋百貨店の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース