GMOリサーチ 1Qは営業利益が2.9%増、D.I.Yサービスの利用頻度が増加し増収

2019年5月20日 18:20

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:20JST GMOリサーチ---1Qは営業利益が2.9%増、D.I.Yサービスの利用頻度が増加し増収
GMOリサーチ<3695>は8日、2019年12月期第1四半期(2019年1-3月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比4.4%増の8.07億円、営業利益が同2.9%増の0.57億円、経常利益が同43.4%増の0.56億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同42.1%増の0.40億円となった。海外のD.I.Yサービスが伸び増収、粗利率が好転し増益となった。

アウトソーシングサービスの売上高は前年同期比1.7%減の5.83億円となった。2018年末の駆け込み受注の反動により、調査案件受託本数が低下した。

D.I.Yサービスの売上高は前年同期比33.0%増の2.21億円となった。サービスの浸透により利用頻度が増加した。

その他サービスの売上高は前年同期比85.8%減の0.01億円となった。

2019年12月通期の連結業績予想については、売上高が前期比15.0%増の36.64億円、営業利益が同31.1%増の3.26億円、経常利益が同28.3%増の3.07億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同40.7%増の2.08億円とする期初計画を据え置いている。《MH》

広告

広告

写真で見るニュース

  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
  • HD140283 (c) Digitized Sky Survey (DSS), STScI/AURA, Palomar/Caltech, and UKSTU/AAO
  • (c) 123rf
  • 使用イメージ。(画像: サンワサプライの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース