株価大幅上昇のダブル・スコープに順張りのコール買いが目立つ(20日10:03時点のeワラント取引動向)

2019年5月20日 10:55

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:55JST 株価大幅上昇のダブル・スコープに順張りのコール買いが目立つ(20日10:03時点のeワラント取引動向)
新規買いは原資産の株価上昇が目立つダブル・スコープ<6619>コール42回 7月 1,300円を順張り、ディー・エヌ・エー<2432>コール104回 8月 1,900円を順張り、ディー・エヌ・エープット46回 8月 1,700円を逆張りで買う動きや、原資産の株価下落が目立つZOZO<3092>コール4回 6月 2,400円を逆張り、村田製作所<6981>コール147回 7月 6,000円を逆張り、小糸製作所<7276>コール19回 10月 7,500円を逆張りで買う動きなどが見られる。

手仕舞い売りとしてはZOZOコール8回 8月 2,600円、東海カーボン<5301>コール13回 7月 1,500円、そーせいグループ<4565>コール69回 9月 1,900円、米ドルリンク債プット902回 6月 107円、韓国200種株価指数プット243回 8月 280ウォンなどが見られる。

上昇率上位は武田薬品工業<4502>コール180回 7月 5,200円(+66.7%)、武田薬品工業コール172回 7月 4,700円(+60.0%)、豪ドルリンク債コール483回 7月 84円(+50.0%)、日本エム・ディ・エム<7600>コール11回 6月 1,400円(+48.5%)、武田薬品工業コール176回 9月 5,400円(+44.4%)などとなっている。

(eワラント証券投資情報室)《HH》

広告