蒼井優、自身の家族ルールに観客ざわつき困惑「今のナシで!」

2019年5月16日 21:16

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

蒼井優が、5月15日によみうりホールで行われた映画『長いお別れ』舞台挨拶&プレミア試写会に竹内結子、松原智恵子、北村有起哉、中野量太監督とともに登壇。写真:蒼井優

蒼井優が、5月15日によみうりホールで行われた映画『長いお別れ』舞台挨拶&プレミア試写会に竹内結子、松原智恵子、北村有起哉、中野量太監督とともに登壇。写真:蒼井優[写真拡大]

写真の拡大

 蒼井優が、5月15日によみうりホールで行われた映画『長いお別れ』舞台挨拶&プレミア試写会に竹内結子、松原智恵子、北村有起哉、中野量太監督とともに登壇。蒼井が明かした“家族ルール”に、集まった観客がざわつく場面があった。

 ・蒼井優&竹内結子の仲睦まじい姿!『長いお別れ』舞台挨拶 その他の写真

 本作は、『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太監督が、直木賞受賞作家・中島京子の同名小説を映画化。父・昇平(山崎努)の誕生日に、久しぶりに帰省した長女・麻里(竹内)と次女・茉美(蒼井)。2人が母・曜子(松原)から告げられたのは厳格な父が認知症になったという事実だった。それぞれの人生の岐路に立っている姉妹は、思わぬ出来事の連続に驚きながらも、変わらない父の愛情に気づき前に進んでいくストーリーとなっている。

 撮影を振り返って、蒼井は「家族の間に流れる本物の空気感を意識した」といい「私は男兄弟しかいなかったので、最初は竹内さんと姉妹!? と驚いたけれど、絶対に大丈夫だと思いました。竹内さんには頼もしくて男前な先輩というイメージがあったので、おまかせすればいいと思ったんです」と笑顔を見せる。

 松原は階段のモップ掃除シーンを振り返り「シュッシュとやったら、監督から『階段は隅から隅までやるんですよ』と言われて。この映画でお掃除の仕方を教わりました」とニッコリ。また夫の認知症を告げられるシーンでは「リハーサルから涙が止まらず、でも監督から『泣かないでほしい』と言われて。そんなときに娘たちが背中をさすってなぐさめてくれました。優しい娘と厳しい監督でした」と冗談交じりに語った。

 さらに、それぞれの“家族のルール”は? という質問に対して、蒼井は「うちの家族はやたらとハグをするんです。それが当たり前。久しぶりに会うとハグ。ついこの前も父親とハグしました。両親はよく手を繋いで歩いていて、ふれあいを大事にしている家族です」と回答。すると、日本ではあまりなじみのない行動に観客がざわつく事態に。蒼井が「あれ? なんか変な空気。え?…今のナシにしてもらっていいですか」と戸惑っていると、「いつまでも仲がいいのはいいね。両親も元恋人だったんだと感じるよね」と竹内がフォロー。蒼井は頼もしい姉役に感謝しきりだった。

 『長いお別れ』は5月31日より全国公開となる。

【関連記事】

 [動画]蒼井優が同級生・中村倫也とばったり再会!映画『長いお別れ』本編映像
[動画]竹内結子の芸能界入りきっかけを知った西島秀俊が驚きつつ納得
自己中なメンヘラ女の蒼井優に拒絶反応!
蒼井優×竹内結子×『湯を沸かすほどの熱い愛』監督最新作メイキング解禁!

関連キーワード認知症蒼井優長いお別れ

広告

写真で見るニュース

  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • ロッテリア クラシック スパイシー。(画像:ロッテリア発表資料より)
  • 「ガストバーガー」(写真:すかいらーくレストランツの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース