カメ止め監督の長編映画最新作は『スペシャルアクターズ』

2019年5月16日 21:31

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

『カメラを止めるな!』で2018年に一大旋風を巻き起こした上田慎一郎監督の長編映画第2弾のタイトルが『スペシャルアクターズ』に決まり、5月14日にクランクインしたことがわかった。写真:上田慎一郎監督

『カメラを止めるな!』で2018年に一大旋風を巻き起こした上田慎一郎監督の長編映画第2弾のタイトルが『スペシャルアクターズ』に決まり、5月14日にクランクインしたことがわかった。写真:上田慎一郎監督[写真拡大]

写真の拡大

 『カメラを止めるな!』で2018年に一大旋風を巻き起こした上田慎一郎監督の長編映画第2弾のタイトルが『スペシャルアクターズ』に決まり、5月14日にクランクインしたことがわかった。本作は上田監督が脚本、編集も手がける。

 ・映画『スペシャルアクターズ』 その他の写真

 同作は、プロアマ問わず公募をかけ、書類選考を経て1500人をオーディション。その中から選ばれた大澤数人ら15人のキャストに上田監督があてがきして、オリジナル脚本を書き上げた。作品の内容はまだ明かされていないが、奇想天外なエンターテインメントとなっているそうだ。

 上田監督は「今作も、出演者はオーディションで選抜した、まだ無名の俳優たち。応募者1500人の中から選抜した15人の俳優達と共に、企画開発から、つまり、ゼロから一緒に創りあげてきました。『カメラを止めるな!』に続く監督作…。企画開発を始めた頃、正直、想像以上のプレッシャーに襲われ、一時期、大スランプに陥りました。しかし、仲間に助けられながら、その暗黒期を乗り越え、なんとかクランクインまでたどり着くことができました。今は心底、この映画を信じています」と企画当時を振り返った。

 続けて「映画の内容はまだ言えないのですが、このタイトルとロゴから妄想を膨らませてお待ちください。本作も自分の“好き”や“最高”がギッシリ詰まった映画になることは間違いありません。今の自分にしか撮れないもの。このキャスト、スタッフでしか撮れないもの。二度とは掴めない“奇跡”を拾い集めて、最高の娯楽映画を創ります。お楽しみに!」とアピールしている。

 『スペシャルアクターズ』は10月18日より新宿ピカデリーほかにて全国公開となる。

 【関連記事】

 [動画]このゾンビ映画、ポンデミック!全国感染拡大中!!/映画『カメラを止めるな!』予告編
[動画]『カメ止め』監督クリエイター再集結新作映画『イソップの思うツボ』コメント動画
『カメラを止めるな!』が3大ファンタ映画祭の1つ、シッチェスで上映!
【興行トレンド】カメ止め、評論家評価は低くても日本アカデミー賞8部門受賞の理由

関連キーワード新宿ピカデリーカメラを止めるな!スペシャルアクターズ

広告

写真で見るニュース

  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • ロッテリア クラシック スパイシー。(画像:ロッテリア発表資料より)
  • 「ガストバーガー」(写真:すかいらーくレストランツの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース