Jトラストが5日続伸、インドネシア事業の再構築などに期待強まる

2019年5月9日 16:36

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■三菱UFJ銀行がインドネシアの商銀に戦略出資し同国での展開に安心感も

 Jトラスト<8508>(東2)は5月9日の後場、一段と強含んで5%高の403円(19円高)まで上げ、5日続伸基調の出直り継続となっている。今期はインドネシアの金融事業で貸倒引当金を計上し再構築の途上だが、これを発表した2月中旬に株価が1週間で2割強の値上がりを演じたことがあり、3月決算を発表する5月13日に向けて期待が再燃したとの見方が出ている。

 国内で債務保証事業などを行うほか、韓国とモンゴルで貯蓄銀行事業などを展開し、東南アジアでもインドネシアの連結子会社PT Bank JTrust Indonesia Tbk.(BJI)などで金融事業を展開する。株価材料としては、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>(東1)が4月29日付、5月8日付で、三菱UFJ銀行によるインドネシアの大手商業銀行バンクダナモンに対する戦略出資と、バンクダナモン、バンクビーエヌピーの合併完了について発表しており、同国での金融事業の展開に安心感を感じる投資家もいるようだ。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告