東京為替:ドル・円は111円60銭台で推移、中国関連の経済指標が手掛かり材料に

2019年4月30日 09:42

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*09:42JST 東京為替:ドル・円は111円60銭台で推移、中国関連の経済指標が手掛かり材料に
30日午前の東京市場でドル・円は111円60銭台で推移している。これまでのところ、リスク回避的なドル売りは抑制されている。この後は中国関連の経済指標が手掛かり材料になるとみられる。ここまでのドル・円は111円64銭から111円69銭で推移。
・ユーロ・円は、124円90銭から125円00銭、ユーロ・ドルは、1.1182ドルから1.1186ドルで推移している。

■今後のポイント
・111.00円近辺が目先における下値目途に
・1-3月期米GDP成長率は前期比年率+3.2%の伸び
・米中貿易協議のさらなる進展への期待も

・NY原油先物(時間外取引):高値63.64ドル 安値63.51ドル 直近値63.52ドル《MK》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 日野セレガ スーパーハイデッカ。(画像:日野自動車発表資料より)
  • ボーイング777F型機(画像: 全日本空輸の発表資料より)
  • 「LIVE QR(ライブ・キューアール)」の画面イメージ。(画像: ボードウォークの発表資料より)
  • 2012年8月31日に起こったコロナ質量放出の様子。(c) NASA's Goddard Space Flight Center
  • アルト 40周年記念特別仕様車 Lリミテッド。(画像:スズキ発表資料より)
  • PCエンジンミニ、本体イメージ。(c)Konami Digital Entertainment
  • 「ドラゴンクエストウォーク」の画面イメージ。(画像: スクウェア・エニックスの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース