東京為替:ドル・円は111円60銭台で推移、中国株式の動向は材料視されず

2019年4月29日 10:57

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:57JST 東京為替:ドル・円は111円60銭台で推移、中国株式の動向は材料視されず
29日午前の東京市場でドル・円は111円60銭台で推移。中国本土株式市場は小幅安で推移しているが、香港ハンセン指数は強含みとなっており、現時点でドル・円などの為替取引で中国株式の動向は有力な手掛かり材料になっていないようだ。ここまでのドル・円は111円55銭から111円63銭で推移。
・ユーロ・円は、124円39銭から124円53銭、ユーロ・ドルは、1.1145ドルから1.1152ドルで推移している。

■今後のポイント
・111.00円近辺が目先における下値目途に
・1-3月期米GDP成長率は前期比年率+3.2%の伸び
・米中貿易協議のさらなる進展への期待も

・NY原油先物(時間外取引):高値63.02ドル 安値62.79ドル 直近値62.85ドル《FA》

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース