【新規上場(IPO)銘柄】EduLabは小学生向け英語学習アプリの提供開始

2019年4月27日 15:54

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 EduLab<4427>(東マ)は、昨年12月21日に東京証券取引所マザーズに上場。同社グループは、「教育を科学する」をキーワードに、ラーニングサイエンスとEdTechを活用し、次世代教育を実現するというミッションのもと、新規事業の開発・投資から、教育ITソリューション・プラットフォームの提供など、最新のラーニングサイエンスと開発実績をもとに、教育市場に次世代のソリューションを提案している。

 e-Testin g/e-Learning事業では、英検協会等と共同で、英語学習を支援するインターネットサービスを開発、大学等教育機関や民間企業・個人向けに提供している。主なラインナップは「英ナビ・スタディギア」、「英検Jr.」、「TEAP CBT」、「CASEC」。いずれもEduLabグループのJIEMがサービスの提供、運営を行なっている。また、海外においては「CASEC」を中心とした自社開発ソフトウェアのライセンスビジネスを展開している。

 テスト運営・受託事業では、テストの問題作成・システム構築・管理・運営等に関する受託事業を行っている。学力調査事業を実施する国や地方公共団体、英検協会等の公的機関や大学等教育機関から委託を受け、テスト問題の作成から印刷、配送、採点、集計、分析、システム構築など、テストの実施・運営に必要なすべての機能またはその一部を提供している。EduLabグループのJIEMが国内でサービスの提供と運営をしている。

 足元の業績は、4月24日大引け後に今2019年9月期第2四半期業績予想の修正を発表。第2四半期売上高は従来予想の26億5800万円から25億8900万円に減額したものの、営業利益は同1億2900万円から3億0500万円、経常利益は同1億2600万円から1億3400万円、純利益は同5300万円から8200万円に増額した。主に人件費を中心に販売費及び一般管理費が当初予想を下回ったほか、上場関連費用が、当初想定額を下回ったことが寄与した。

 今19年9月期業績予想の売上高68億1000万円(前期比71.6%増)、営業利益14億0800万円(同46.0%増)、経常利益12億9000万円(同42.7%増)、純利益8億6100万円(同56.9%増)は据え置いている。年間配当予想は、無配を予定している。

 株価は、2月12日につけた上場来安値2990円から4月22日に上場来高値6070円と上昇した後、モミ合っている。2020年の学習指導要領の改訂により、英語教育の「小学3年生からの必修化」「小学5年生からの教科化」が行われることに対応し、同社傘下の株式会社教育測定研究所(東京都港区、代表取締役社長:北條 大介)は4月9日、主に小学生を対象とした英語学習アプリ「スタディギア Eye Candy」を提供開始すると発表。同社の業績に貢献する見通しで、中長期的な視点で成長は続くと予想する。4月24日に今9月期第2四半期利益増額を発表済みで目先好材料出尽くし感があるものの、5月10日に今9月期第2四半期決算の発表までに下値を固めてくれば、見直し機運も高まるだろう。(株式評論家・信濃川)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • 「Zaim 一生黒字プラン」の画面イメージ。(画像: Zaimの発表資料より)
  • ジープ・グランドチェロキー「WK 10th Anniversary Edition」(画像: FCAジャパン発表資料より)
  • 紙容器に切り替える弁当(ローソン発表資料より)
  • 200mmワイドナビゲーション取り付けイメージ(画像:株式会社カナック企画発表資料より)
  • ヤリスWRC:発表資料より
  • (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース