米国株見通し:前日引け後の決算発表好感も中国株安が重しに

2019年4月25日 18:35

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:35JST 米国株見通し:前日引け後の決算発表好感も中国株安が重しに
S&P500先物  2932.50(+ 1.75) (18:15現在)
ナスダック100先物  7863.00(+15.25) (18:15現在)


 18時15分時点のグローベックス米株式先物市場で、S&P500先物とナスダック100先物は小高く推移。NYダウ先物は5ドル安程度で推移している。欧州株式市場は高安まちまち。時間外取引のNY原油先物は前日比0.20ドルほどの上昇で推移。こうした流れを受け、25日の米株式市場は売り買い交錯気味に始まりそうだ。


 前日の取引終了後に発表されたフェイスブックの決算が、売上高、調整後一株利益ともに予想を上振れたことが、改めて好感されよう。ただ、中国人民銀行の劉副総裁が本日、「金融政策を引き締めたり緩和したりする意図はない」と述べたことを受けて、上海総合指数が大幅安で引けており、米株式市場にも重しとなりそうだ。NY原油先物は、米国の原油生産量や輸出量の拡大などが売り圧力になり、軟調な展開が見込まれる。


 本日発表となる米経済指標は、3月耐久財受注速報値と先週分新規失業保険申請件数。なかでも、耐久財受注は全体やコアのほか、製造業出荷・資本財(航空機を除く非国防)が上昇すると予想され、株式市場にはポジティブな材料となる可能性がある。決算発表は、インテル、アマゾン、サウスウエスト航空、アメリカン航空、スターバックスなどが予定されている。__NEW_LI《KK》

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース