マザーズ先物概況:伸び悩み、連休を控え売買手控えムード

2019年4月24日 16:00

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:00JST マザーズ先物概況:伸び悩み、連休を控え売買手控えムード
24日のマザーズ先物は前日比6.0pt高の922.0ptと小幅に続伸して終了した。高値は925.0pt、安値は915.0pt、取引高は1465枚。前日の米国株式市場でハイテク比率の高いナスダック総合指数が過去最高値を更新するなか、テクノロジー関連の多いマザーズ市場にも買いが先行するとの思惑から、マザーズ先物はナイトセッション終値水準を朝方に上抜けた。その後は、午後に入り、海外ファンドとみられる大口の225先物売りが出たことをきっかけに日経平均が下げ幅を拡大させると、マザーズ先物に対しても目先の利益を確保する向きがみられた。総じて底堅さは意識されたものの、連休を控えていることもあり、個人投資家による積極的な売買は手控えられた。なお、本日マザーズ市場へ上場したハウテレビジョン<7064>は初日値付かずとなった。《SK》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース