22日の日本国債市場概況:債券先物は152円55銭で終了

2019年4月22日 18:22

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:22JST 22日の日本国債市場概況:債券先物は152円55銭で終了
<円債市場>
長期国債先物2019年6月限
寄付152円60銭 高値152円60銭 安値152円53銭 引け152円55銭
売買高総計13009枚

2年 399回 -0.155%
5年 139回 -0.155%
10年 354回 -0.035%
20年 168回 0.390%

債券先物6月限は、152円60銭で取引を開始。前週末の日銀が国債買い入れオペ減額を受けて売りが出る一方、値ごろ感からの押し目買いもみられたようであり、152円53銭から152円60銭で推移した。売買高は1兆円台にとどまった。現物債の取引では、2年債、5年債、10年債が売られ、20年債が買われた。

<米国債概況>
2年債は2.38%、10年債は2.57%、30年債は2.97%近辺で推移。
債券利回りはやや上昇。(気配値)

<その他外債市況・10年債>
独、英、豪、NZはイースターマンデーで休場。


[本日の主要政治・経済イベント]
・21:30 米・3月シカゴ連銀全米活動指数(予想:2.55、2月:-0.29)
・23:00 米・3月中古住宅販売件数(予想:530万戸、2月:551万戸)
・イースターマンデーで休場:独、仏、英など《KK》